ジョン・ホートン・コンウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・ホートン・コンウェイ

ジョン・ホートン・コンウェイJohn Horton Conway, 1937年12月26日 - )はイギリス数学者。現プリンストン大学教授。

経歴[編集]

イギリスリヴァプールに生まれる。ケンブリッジ大学で数学を学び、1959年に学士号を取得。その後、ハロルド・ダヴェンポートのもとで数論を研究し、1964年に博士号を取得した。

仕事[編集]

コンウェイ群の発見 (1968)、ライフゲームの考案 (1970)、超現実数の発明 (1970)、巨大数コンウェイ記法の発明などで知られる。エルデシュ数は 1。著名な弟子にはリチャード・ボーチャーズ、ロバート・ウィルソンがいる。

受賞[編集]

書籍[編集]

原著[編集]

  • Conway, J. H. (1970): Regular machines and regular languages
  • Conway, J. H. (1976): On numbers and games
  • Conway, J. H.; Berlekamp E. R.; Guy, R. K. (1982): Winning ways for your mathematical plays
  • Conway, J. H.; Sloane, N.J.A. (1988): Sphere packings, lattices and groups
  • Conway, J. H.; Guy, R. K. (1982): The book of numbers
  • Conway, J. H.; Smith D.A. (2003): On Quaternions and Octonions
  • Conway, J. H.; Heidi Burgiel; Chaim Goodman-Strass (2008): The Symmetries of Things

邦訳[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]