ジュズカケバト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジュズカケバト
ジュズカケバト
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ハト目 Columbiformes
: ハト科 Columbidae
: キジバト属 Streptopelia
: ジュズカケバト S. risoria
学名
Streptopelia risoria Linnaeus, 1758
英名
Ringneck Dove, Ring Dove,
Barbary Dove

ジュズカケバト(数珠掛鳩[1]学名Streptopelia risoria[1][2])は、ハト目ハト科の鳥[1][2]中央アフリカ原産のバライロシラコバト Streptopelia roseogrisea が原種とされる[1]

全長25から30センチメートル[2]。全体的に淡い灰褐色で[2]後頸部に半月状の黒輪がある[1][2]風切羽は黒褐色[2]、嘴は暗褐色[2]シラコバトによく似ている[1][2]が、背や翼の褐色がシラコバトよりも薄い。白変種をギンバト(銀鳩)といい[1][2]、全身白色で嘴と脚が紅色[1]

古くから世界中で飼育されていた[1][2]。一部の地域では野生化しており[1]、アメリカのロサンゼルスタンパマイアミでは大群となっている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『三省堂世界鳥名事典』、263頁。
  2. ^ a b c d e f g h i j 『改訂新版 世界文化生物大図鑑 鳥類』、276頁。

参考文献[編集]

  • 吉井正監修、三省堂編修所編『三省堂世界鳥名事典』三省堂、2005年。ISBN 4385153787
  • 『改訂新版 世界文化生物大図鑑 鳥類』世界文化社、2004年。ISBN 4418049029