ジャールカンド開発戦線 (民主主義)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドの旗 インドの政党
ジャールカンド開発戦線(民主主義)
Jharkhand Vikas Morcha (Prajatantrik)
党首 バブラル・マランディ
成立年月日 2006年
本部所在地 ハザーリーバーグ
ローク・サバー議席数
0 / 545   (0%)
ラージヤ・サバー議席数
0 / 245   (0%)
公式サイト Jharkhand Vikas Morcha
シンボル Comb
テンプレートを表示

ジャールカンド開発戦線(民主主義)[1](Jharkhand Vikas Morcha (Prajatantrik))は、インド政党地方政党の1つで、ジャールカンド州で活動している。略称は「JVM-P」。

概要[編集]

インド人民党(BJP)のローク・サバー(連邦下院)議員であったバブラル・マランディ英語版がBJPのジャールカンド州知事アルジュール・ムンダ英語版を批判して離党し、2006年に結成した政党である。この際にマランディは連邦下院議員を辞職し、直後の補欠選挙に出馬して当選した。

2009年連邦下院選挙でJVM-Pは14人の候補者を立て、マランディが再選されて1議席を得た[2]。同年の州議会選挙にも同党は初参戦し、全81議席のうち11議席を獲得して第4党の地位を得た[3]。BJPから内部分裂して成立したJVM-Pだったが、ジャールカンド州内ではインド国民会議派(INC)やジャールカンド解放戦線(JMM)とも微妙な関係にあった。そのため、連邦レベルではINC主導の統一進歩同盟にもBJP主導の国民民主同盟にも与さなかった。

2014年連邦下院選挙では、対立政党BJPの躍進を前に苦戦、JVM-Pはマランディを含む候補全員が落選した[4]

[編集]

  1. ^ 『月刊インド』(財団法人日印協会)106巻5号、2009年6月、10頁の表記に拠った。[1]
  2. ^ 豊田(2011)、69-70頁。
  3. ^ インド選挙管理委員会ホームページ [2]
  4. ^ BJP decimates Congress-JMM in Jharkhand, wins 12 of 14 LS seats“IDN Live”、2014年5月17日(2014年5月17日閲覧)

参考文献[編集]