ジャン=バティスト・アルバン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャン=バティスト・アルバン

ジョゼフ・ジャン=バティスト・ロラン・アルバンJoseph Jean-Baptiste Laurent Arban, 1825年2月28日 - 1889年4月9日, 英語読みのアーバンで知られる)は、フランスコルネット奏者、指揮者、教育者。ピストン式コルネットの最初の巨匠である。ヴァイオリンの名手パガニーニに影響を受けてコルネットの技巧的な奏法を開拓し、コルネットが真のソロ楽器たりうることを証明した。

生涯[編集]

フランスリヨンに生まれる。1841年から1845年まで、パリ音楽院にてフランソワ・ドーヴェルネen:François Dauverné)にトランペットを師事。1857年エコール・ミリテールen:École Militaire)のサクソルンの教授に推薦され、1869年にはパリ音楽院のコルネットの教授になる。そのときの生徒にメリ・フランカンen:Merri Franquin)がいる。

1864年、「Grande méthode complète pour cornet à pistons et de saxhorn」(ピストン式コルネットとサクソルンのためのメトード)を出版した。現在「アーバン金管教本」として良く知られるこの教則本は「トランペットのバイブル」とも呼ばれ、未だに多くの金管楽器奏者が練習に使用している。また『ヴェニスの謝肉祭による変奏曲』は現在コルネット独奏の代表的作品として遺っている。

ベルリオーズは、『幻想交響曲』の第2楽章「舞踏会」にコルネットの技巧的なソロを追加した改訂版を残している。このソロはアルバンのために書かれたと考えられている。

外部リンク[編集]