ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男』(ジャック・メスリーヌ フランスでパブリック・エネミーナンバーワンとよばれたおとこ)は、2008年製作のフランスカナダイタリア合作による映画作品。

概要[編集]

フランスとカナダで「社会の敵No.1」と呼ばれた実在のギャング、ジャック・メスリーヌの生涯を描いた伝記映画。前編(『Part1 ノワール編』、原題:L'Instinct de mort)と後編(『Part2 ルージュ編』、原題:L'Ennemi public n° 1)の2作に分けられて公開された。日本では2008年の第21回東京国際映画祭で『パブリック・エナミー・ナンバー1』のタイトルで前後編まとめて上映されたのち、2009年11月7日より公開された。

Part1[編集]

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part1 ノワール編
L'Instinct de mort
監督 ジャン=フランソワ・リシェ
脚本 アブデル・ラウフ・ダブリ
ジャン=フランソワ・リシェ
製作 トマ・ラングマン
音楽 エロワ・パンショー
撮影 ロバート・ギャンツ
編集 エルヴェ・シュナイド
配給 日本の旗 ヘキサゴン・ピクチャーズ
公開 フランスの旗 2008年9月11日
日本の旗 2009年11月7日
上映時間 114分
製作国 フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語英語アラビア語スペイン語
テンプレートを表示

ストーリー[編集]

アルジェリア戦争での兵役を終え、パリへ戻ってきたメスリーヌは幼馴染のポールと共にギャングとなって犯罪に手を染めるようになる。

キャスト[編集]

Part2[編集]

ジャック・メスリーヌ フランスで社会の敵No.1と呼ばれた男 Part2 ルージュ編
L'Ennemi public n° 1
監督 ジャン=フランソワ・リシェ
脚本 アブデル・ラウフ・ダブリ
ジャン=フランソワ・リシェ
製作 トマ・ラングマン
マキシム・レミラール
アンドレ・ルーロー
製作総指揮 ダニエル・デルム
音楽 マルコ・ベルトラミ
マーカス・トランプ
撮影 ロバート・ギャンツ
編集 ビル・パンコウ
エルヴェ・シュナイド
配給 日本の旗 ヘキサゴン・ピクチャーズ
公開 フランスの旗 2008年11月19日
日本の旗 2009年11月7日
上映時間 132分
製作国 フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
イタリアの旗 イタリア
言語 フランス語英語
テンプレートを表示

ストーリー[編集]

カナダの刑務所を脱獄してフランスへ戻ったメスリーヌは、そこでも銀行強盗を繰り返して投獄される。

キャスト[編集]

受賞[編集]

第34回セザール賞
  • 監督賞
  • 男優賞
第21回東京国際映画祭 コンペティション部門
  • 最優秀男優賞(ヴァンサン・カッセル)

外部リンク[編集]