ジグリム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジグリム
識別情報
CAS登録番号 111-96-6 チェック
PubChem 8150
ChemSpider 13839575 チェック
UNII M4BH3X0MVZ チェック
EINECS 203-924-4
DrugBank DB02935
ChEBI CHEBI:46784 チェック
特性
化学式 C6H14O3
モル質量 134.17 g mol−1
密度 0.937 g/mL
融点

-64 °C, 209 K, -83 °F

沸点

162 °C, 435 K, 324 °F

への溶解度 混和する
危険性
EU分類 Toxic (T)
Flammable (F)
Rフレーズ R60 R61 R10 R19
Sフレーズ S53 S45
引火点 57 °C (135 °F)
関連する物質
関連物質 ジエチレングリコールジエチルエーテル, エチレングリコールジメチルエーテル
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ジグリム (diglyme) とは、有機化学で用いられる高沸点の溶媒の一種で、示性式は CH3OCH2CH2OCH2CH2OCH3。別名としてダイグライムジエチレングリコールジメチルエーテルとも呼ばれる。「diglyme」という名称は「diethyleneglycol dimethyl ether」の略である。

ジエチレングリコールの2つのヒドロキシ基メチル化した構造を持つ。水、各種アルコール、ジエチルエーテル、各種炭化水素系の溶媒と混和する。

ジグリムは主に化学反応の溶媒として用いられる。金属カチオンにキレート配位して対アニオンを活性化させることができる。そのため、グリニャール試薬や金属ヒドリドなどの金属化合物を反応剤とする場合に反応速度を上げる目的で用いられる。

この溶媒は塩基性に強く、強塩基存在下に加熱しても通常は安定である。

関連化合物[編集]

参考文献[編集]

  • Merck Index 11th ed., 3148.