ジグソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジョン・クレイマー (ジグソウ)
John Kramer (Jigsaw)
作者 ジェームズ・ワン
リー・ワネル
トビン・ベル
石田太郎
詳細情報
別名 ジグソウ・キラー
性別
職業 実業家
配偶者 ジル・タック(元妻)

ジグソウまたはジグソウ・キラー(Jigsaw Killer)は、映画『ソウ』シリーズに登場する架空の人物。連続猟奇殺人犯。

シリーズを経て人物が代わるが(人数も変わる)、このページではジョン・クレイマーを軸に記述する。


概要[編集]

ゲーム」と称した儀式を行う殺人鬼。人間心理を巧妙に読み取る術に長けており、二重三重にも計算されたトラップを用意し、これまで何十人規模で犠牲者が出ている(おそらく全て把握されてはいない)。ただし、必ず生き残れる手段が作られており、殺人そのものが目的では無い(詳しくは殺人方法・嗜好を参照)。

初期はジョン・クレイマーによる単独犯で、主にジグソウと言えば彼を指す。2作目以降は弟子などと共に複数犯となり、彼の死後は弟子が名を継いで犯行に及んでいる(登場はしないが、実際には1作目の時点で弟子が存在している)。

「ジグソウ」の意味は直訳で糸鋸のことであるが、死体にジグソーパズルを模した印を付けることから作中のメディアがつけた名称である[1]。ジョン本人は自らをジグソウと名乗ったことはない。

経歴[編集]

機械工学や建築学などに精通した男で、大規模住宅地の開発にも関わり、新聞や雑誌にも名が出るような実業家だった。薬物中毒者の更生クリニックを経営する妻ジルとともに町の名士として順風満帆な人生を送っていた。

物事を論理的に見る性格で、医学や文学などの知識を会得しジルとの性交、妊娠、臨月までをすべて計算しつくしていた。ところがある日、妻の患者だった男セシル・アダムズが強盗目的で病院に押し入り、その時、妊娠していた彼女の腹に衝撃を加えたため、流産してしまう。待望した子供だったためショックは大きく、また、ここで更生しなかった犯人を見て「自分を助けるのは他人ではなく自分」と考えるようになる。さらに、完治不能の脳腫瘍を患っていることが判明し、余命宣告され絶望に陥る。その帰り道、自殺しようと車ごと崖から転落するが奇跡的に生き延び、それによって人の生死について一つの見解を得て、また自分が生き延びたのは「自己を省みない人間に生きる意味を見出させるため」と考える。

計画にジルを巻き込まないために一方的に離婚を行い、ジグソウとしてジルを流産させたセシルを被験者として最初の「ゲーム」を行い、以後、正体不明の連続猟奇殺人鬼として新聞などで扱われるようになる。(『ソウ4』)

タップ刑事に逮捕寸前まで追われる中、自分に余命宣告した医者ローレンス・ゴードンと情報をさぐらせていた男アダム・フォークナーをゲームにかける。(『ソウ』)

刑事エリック・マシューズによって逮捕され尋問を受けるが、エリックの息子がゲームに参加している映像を見せて動揺を誘い、アマンダの協力によってエリックを罠にかけて逃亡した。(『ソウ2』)

脳腫瘍の悪化により余命数日の身となったが、アマンダの協力によってゲームを続行した。並行して医者リン・デンロンを拉致し脅迫する形で脳腫瘍の手術を行わせ、アマンダには内面を試すためのゲームを行った。手術は成功したがアマンダはゲーム失敗により命を落とし、ゲームの生還者ジェフ・レインハートによる最後のゲームに自身の命をかけ、ジェフのゲーム失敗により死亡した。(『ソウ3』)

以後、ホフマンが後を継ぐ。(『ソウ4』以降)

余命いくばくもない身から、表面上は死後、アマンダかホフマンのどちらかに後を継がせる様に見えたが、裏では二人の人間性に早くから不信感を持ち、いくつかの対策をとっていたが、その一つに、二人には秘密で救出した、ローレンス・ゴードン医師に二人の監視と、ジルの保護を要請する。後述の通り、真の生還者であり、献身的かつ最高の協力者であるゴードンに対しては絶大な信頼を寄せており、二人と違い、何一つ隠し事をしていない。ゴードン自身は後継者になるつもりはなく、(というよりはなれない、これは自身の問題ではなく、他の二人の末路を見てきた上で、ジョンの歩んだ道はあまりに過酷で誰一人真似出来ないだろう…と結論している。)あくまで助言や監視といった、ジョンの影に徹し続けた。

3作目以降登場する食肉工場、通称「ギデオン・ビル」は、ジョンの最初の物件である。また、ジョンは生まれてくる予定だった息子にこのギデオンという名をつけようと考えていた。

殺人方法・嗜好[編集]

ゲーム[編集]

被害者に「ゲーム」と称する様々な生死を賭けた殺人儀式を課し、これを成功するかどうかを見届ける。本人は、その目的より「更生のためのテスト」とも称し、対象者を「被験者」と呼ぶ。

まず、被害者の生い立ち、性格を十分に調査した後に麻酔などで眠らせて誘拐し、ゲームの装置に取り付けて自分は観察できる間近な位置で待つ。被害者が目を覚ますと、予め録画か録音したものをテレビかポケットレコーダーによって再生され、自分が置かれた状況、自分が何であるか、そしてゲームの説明がなされる。説明の終了か被害者のアクションが引き金となって時計が作動し、時間制限以内にゲームを攻略しなければトラップが発動し、死ぬかそれに近い状態になる。ゲーム終了後、失敗していれば、被害者の生死に関わらず外界と完全に隔離して立ち去り、生きていても警察が発見する頃には死亡、または発見自体されない。成功した場合は、録画録音で讃える場合があるが、基本的にはそのまま立ち去り、被害者は警察に保護される。

ゲームの内容は被害者の性格や経歴によって相応の物が用意され、主には拷問装置のような機械仕掛けの装置に固定された状態で始まり、制限時間を超えると装置の作動によって身体を激しく損壊させられて死亡する。また、制限時間内であっても、大抵は初期状態で身体に重傷を負っていたり、ゲームクリアのために身体を犠牲にする必要があり(硫酸の中の鍵を素手で拾う、目をメスで切り開いて鍵を手に入れるなど)結局、成功しても命は助かるが悲惨な状態になる。結果的に被害者は身体を犠牲にすることを躊躇し、制限時間間際で中途半端に身体を傷つけるが、間に合わず死亡するという最悪のパターンが多い。上記以外のケースとしては、(ある程度自由は利くが)どこかに隔離された状態、大切な人物の命が懸かっている、表向きは対象者の命は問題無いが他人の命を自分の判断で決めさせる(SAW3以降(SAW5を除く)のメインゲームはこの形)、もしくはそれらの複合などが挙げられる。被験者が命を判断する他人は、特に巻き込まれた理由が描写されないことや、どんな道を被験者が選んでも命が助からない場合もある。(但し、発想次第では(一見助からなかったように思えても)実際は助けることが可能だった場合も存在はする)いずれにせよ後述するゲームの目的より、成功するには、強力な生き延びる意志を示すことや、最初に指摘された業を治すことができるかどうかが鍵となる。

また、ゲームを拒否しようとしても、最終的に従わざるを得ないよう巧妙に計算し尽くされており、最終的にジグソウのルールに従ってゲームを行わざるを得ない。

ゲームに敗れ命を落とした被害者は、ジグソーパズルのピースの形に皮膚の一部を切り取られる。本人曰く、これは人間として必要な要素(ピース)である「生存本能の欠如」の象徴だとしているが、一部の被験者を除き特に描写されていない。

また、ゲームでなくとも、自身を守るために幾重もの罠を仕掛けており、これの餌食になる者(主に警察)もおり、場合によってはゲームの内容で被験者をジグソウに仕立て上げて警察の注意をそらすこともあり、「SAW」ではゼップ・ヒンドル、「SAW4」ではダニエル・リッグ、「SAW6」では「SAW5」の時点で既に死亡しているピーター・ストラムがジグソウ又はその後継者に仕立て上げられている。

ゲームの目的[編集]

ゲームの目的は、被験者に生きる意味を見出させること、あるいはジグソウの指摘する自身の業を治すことであり、殺人が目的ではない。そのため、個人的動機はなく、快楽殺人といった嗜好もない。ゆえに選ばれる被害者は、命を大切にしない者や犯罪に手を染める者、あるいは裁かれることは無いが社会的・倫理的に悪である者(異性間の問題等)が多い。そのため、たとえゲームに成功したように見えても、最初に指摘した業が無くなっていなければ、悲惨な末路を辿るように仕向けられている。逆に生きる意味を見出せば、アマンダのように接触し、後継者となることもある。また、このような手段でそれを行うのは「自分を助けることができるのは自分」という持論を持っているからである。

作中で殺人鬼と指摘されたりすることもあるが、ジグソウ本人は、明らかに死人が出るように追いやるゲームをやっていても、死を招いたのは被害者の選択や行動の結果であり、自分が殺したわけではないと考えており、はっきりと「自分は人を殺してない」と述べているし、事実直接被験者を手にかけたことはない。これは彼の決め台詞でもある「Make your choice(選択は君次第だ)」からも判ることで、「(生死を)選ぶのは自分」であることはこのSAWシリーズの中で一貫して重要テーマの1つに掲げられている。ゆえに、 登場人物の中には、ジグソウの行為を殺人、ジグソウ本人のことを殺人犯と呼ぶことには異論を唱える者もいる。

しかし、後継者のアマンダの行うゲームは、彼女の曲解した考えから、挑戦して生還しても必ず死に至るというゲームを行っている。また、もう一人の後継者・ホフマンは、生還することは出来るが必ず死者が出る仕組みとなっており、最終的には私情で敢行する嗜好の変わった殺人手段として利用するようになってしまう。

豚の被り物[編集]

ジグソウがゲームの対象となる被験者を誘拐する際に必ず使用する、髪の毛の付いた豚のマスク。誘拐の際、監視カメラに映っても特定されない為の手段として用いており、基本的に被験者の背後から忍び寄って、捕らえた直後に麻酔を打ち込む為、被験者のほとんどは突如現れた豚の怪物に襲われて意識を失うことが殆どである。ジョンがジグソウ事件の最初の犠牲者セシル・アダムズを誘拐する際は、チャイナタウンのお祭りで路上販売されていたお面を使用。これをヒントにして豚のマスクを用いた誘拐方法を用いるようになった。

豚のマスクは複数作られており、被った人物としてジョン、アマンダ、ホフマン、リッグ、ゴードンのほか2名が確認されている。

ビリー人形[編集]

本人は被害者の前に直接姿を現さない代わりに、不気味な腹話術人形のビリーをシンボルとして、ゲームの説明などを行わせる(基本スタンスであり、ビリーではなくテープの音声のみによる説明、どちらも用いず一切のルール説明がない場合もある)。元々ビリーは生まれてくる息子のギデオンに渡すための小柄なぬいぐるみであったが、ジグソウとなった後はそのぬいぐるみを元にジョン自らの手でビリー人形が作り出された。人形はこれまでアダムによってバットで壊されたり、頭部が爆発したりしているが、次のゲームとなると再び作り直されて登場する。

逆トラバサミ(ヘッドギア・トラップ)[編集]

ジグソウが作り上げた、シリーズを代表する拷問装置の1つ。トラバサミの逆の原理を利用して顎を引き裂くヘッドギア・トラップ。2でアメリカンフットボールヘルメットをヒントに考案された事が設計図で確認できる。他の装置よりも登場回数が多く、劇中で何度も登場し、実際に『ソウ』でアマンダ、『ソウ6』でホフマン、『ソウ・ザ・ファイナル』でジルと、自分と深い関わりを持つ者に使用された。だが逆トラバサミの最初で最後の犠牲者になったのは皮肉なことに最愛の妻ジルだった。

ちなみにこのトラップは映画シリーズの原点となるジェームズ・ワン短編作品から既に登場しており、最初に装着したのは映画でアダム役を演じ脚本を担当したリー・ワネル

後継者[編集]

ジョンは余命幾ばくも無いため、死後もジグソウの意志を継ぎ、ゲームを行う後継者を探していた。劇中6名が確認できる。

アマンダ・ヤング[編集]

「ゲーム」から生還した被害者の女性(『ソウ』)。そのショックで自暴自棄となっていたが、ジョンが直接接触をはかり、そのままジグソウの思想に感化され弟子および共犯者となる(『ソウ2』)。

ジョンを絶対的な存在として慕っていたが、ジグソウの理念である「被験者に生きる意味を見出させる」を単なる殺人嗜好と曲解しており、成功しても死亡する「ゲーム」を行っていた。それに気づいたジョンによって密かに「ゲーム」(テスト)にかけられるが目的の達成に失敗し、致命傷を負いながらジョンに「ゲームオーバー」を告げられ、ゲームの真相を悟りながら息絶えた。(『ソウ3』)。

『ソウ4』では、ジルを流産させたセシルが、実は彼女の恋人であり、強盗を指示したのも彼女であったことが明かされる。『ソウ3』における自身のゲームの失敗は、これを知っていたホフマンの脅迫が原因であった(ホフマンの項も参照)。

演じるのはショウニー・スミス。日本語吹替えは藤貴子(ソウ、ソウ2)。幸田夏穂(ソウ3以降)。

マーク・ホフマン[編集]

ジグソウによる事件の担当刑事。登場は『ソウ3』からだが、『ソウ』の時点からジグソウの後継者(共犯者)として一連の事件に関わっていたことが後に明かされる。

かつて妹を殺したセス・バクスターへ復讐するため、当時既に世間を騒がしていたジグソウの殺人手口を模倣したゲームをセスに仕掛けて殺害する。そのため、ジョンに「劣悪な模倣である」と拉致され、「殺人と更生の違い」を探求してみるか選択を強いられる。これに同意して、ジョンの後継者および共犯者となり、刑事という立場を利用した情報提供、被験者の誘拐、装置の調整を行っていた(『ソウ5』)。

『ソウ3』においてジョン及びアマンダが亡くなると、後継者としてゲームを行うようになる(『ソウ4』)。アマンダと違い、ジョンの意志を継いでいるかに見えたが、ゲームの被験者を「成功率が極めて低い」人選やゲームを企画実行に悦びを感じるようになっていく。そして防衛行動としてではなく、自身を追う者は、例え同僚でも容赦なく殺害し始める(『ソウ5』『ソウ6(小説版)』)等、次第に快楽殺人者としての本性が顕わになっていく。また、アマンダのゲーム失敗も、ゲームの単独支配を企むホフマンが「リン・デンロン医師を殺さなければ[2]ジルの流産に関わっていた事をジョンに伝える」」と脅迫した結果であった。

ジョンは自分の死後のホフマンの行動をある程度予期しており、自身の司法解剖の際に胃に見つかったテープからも『試されることなく立ち去るつもりか?』とホフマンに警告していた。その後、ジルにいざという時は、ホフマンをゲームにかけるよう遺言を残し、ジルは遺言に従って、ホフマンをヘッドギア・トラップのテストにかけるが、ホフマンは自らの片手を潰すことで顔面を負傷しながらも生還する(『ソウ6』)。そして、報復としてジルが保護されていた警察署を襲撃、多数の警官を殺害した上、ジルに対し、自身が仕掛けられたヘッドギア・トラップでジルを殺害する。

すべての証拠を隠滅し、逃亡を図ろうとしたが、ジョンの遺言を受け取ったローレンス・ゴードンと同志2名によって襲撃、拉致される。1作目のバスルームに1作目と同様に足枷をはめられ、しかし脱出に必要な糸鋸はゴードンによって部屋の外へ放り出され、物語は幕を閉じる。(『ソウ ザ・ファイナル3D』)。

ホフマンの名は「ソウ3」製作前に亡くなった製作者であるグレッグ・ホフマンを哀悼する意味で名付けられマークは制作のマーク・バーグから付けられた。

なお、劇中でホフマンが武器としてナイフを多様するのは、演じたコスタスがケリー刑事役のディナ・メイヤーと共にスパイ役で主演した映画「サブマリン・アタック」のブリジット・バーコ演じる敵役シモーネ・シャリアが武器としてナイフを使用するためである。ちなみに、ホフマンとシモーネが使用するナイフの型は同じで「ソウ6」には「シモーネ」という人物も登場する。

演じるのはコスタス・マンディロア。日本語吹替えは仲野裕

ジル・タック[編集]

ジョンの元妻でありアマンダの主治医。登場は『ソウ3』から。ジョンと共に順風満帆な生活を送っていたがセシル・アダムスによって流産し、生活が一変する。

一連のジグソウ事件はジョンによるものだと当初から気づきながら黙認していた。ジョンの死後、「ソウ5」にて、遺言に従ってマーク・ホフマンに対してゲームの仕上げを行う。ジルはあくまでホフマンの暴走を止めることをジョンに任されていただけなので、ゲームを仕掛けたのはこの一回のみ。 しかし、「ソウ6」にてゲームを無理やり突破したホフマンに逆上され、警察の保護に置かれていたところをホフマンの罠によって捕まり、かつてアマンダが装着した旧型のヘッドギア・トラップによって頭部が破裂、無残に死亡する。

演じるのはベッツィ・ラッセル。日本語吹替えは土井美加

ローレンス・ゴードン[編集]

初作『ソウ』の主人公で、同作のゲームの被験者の1人。外科医師。『ソウ ザ・ファイナル3D』でゲームの生存者として再登場する。

『ソウ』において、バスルームに足枷で繋がれ、脱出のためには同じく捕らわれたアダムを殺すが、その為に糸鋸で足を切断しなければならないというゲームにかけられた被験者。当然最初は躊躇していたが、家族の悲鳴を聞き続け、追い詰められ半狂乱となって足の切断を敢行、バスルームを脱出するが、その後の生死は不明だった。(『ソウ』)。しかし、ジョンの助け[3]で実は生還しており、さらにゲームの影の協力者であったことが『ソウ ザ・ファイナル3D』で明かされる。

元は冷然とした性格で、良くも悪くも医者という仕事を、仕事として割り切っており、特に患者に感情を通わせることもなく淡々と行っていた。また、家庭においても仕事を第一として蔑ろにし、不倫も行っていた(ただし娘は溺愛している)。ジョンは患者の1人で、彼の癌を発見し余命告知したのがゴードンだった。

命の重さや家族の大事さを知るためとしてゲームにかけられ、生還後はジョンの真意を理解し更生、その後は進んでジョンを補佐する。ジョンを再生の恩人として尊敬し、ジョンもまた彼を元妻ジル以外で唯一信頼できる人物として接していた。登場こそしないが設定上では『ソウ2』の冒頭からゲームにも関与しており、『ソウ3』ではジョンにリン・デンロン医師を推薦する等、医学知識の助言やジョンでは実行できない手術等の医療技術を担当していた。

『ソウ ザ・ファイナル3D』ではジョンの生前からアマンダとホフマンを密かに監視しており、特にジョンの死後、ホフマンが暴走を始めると脅迫めいた警告文を送りつける。彼が警察署を襲撃し、ジルを殺害したことをもってジョンの懸念が現実化したと確信にいたり、ジルへの報復を終えて油断していたホフマンを同士2人と共に拉致、自身のゲームの現場であり、1作目の舞台であるバスルームに監禁する。そして脱出に必要なノコギリなどを与えずホフマンに「Game Over(ゲームオーバー)」と言い放ち、バスルームから立ち去った。

演じるのはケイリー・エルウィス。日本語吹き替えは大塚芳忠

注釈[編集]

  1. ^ 初作はソウ(SAW)という言葉にひっかけた演出が多くある。
  2. ^ デンロンの殺害が、密かにアマンダにかけられたテストの失敗条件だった。
  3. ^ 足を切断して脱出するというゲームの目的はクリアしていた。

外部リンク[編集]