ジェームズ・ウォルフェンソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジェームズ・ウォルフェンソン
James Wolfensohn 1-1.jpg
生年月日 1933年12月1日(80歳)
出生地 オーストラリアシドニー
テンプレートを表示

ジェームズ・ウォルフェンソン(James Wolfensohn, 1933年12月1日 - )は、世界銀行総裁(第9代)。

概略[編集]

オーストラリアシドニーで生まれ、後にアメリカ市民権を獲得する。シドニー大学で学士号と法学学士号を取得し、ハーバード大学MBAを得る。1956年メルボルンオリンピックでオーストラリアのフェンシング・チームの一員として出場経験があり、またアメリカ芸術科学アカデミーとアメリカ哲学学会の研究員でもある。文化と芸術に関する活動もしており、1970年からニューヨークカーネギー・ホール理事を務める。ニューヨーク近代美術館からデイヴィッド・ロックフェラー賞を贈られている。また1995年に、イギリス女王(オーストラリアの女王でもある)エリザベス2世からナイトが授与される。妻はウェルズリー大学から学士号、コロンビア大学から修士号を取得しており、夫妻の間には3人の子供がいる。

職歴[編集]

ハーバード大学でMBAコースに入る前に、オーストラリア系の法律事務所で弁護士として活動したほか、航空士官としても勤務していたことがある。ハーバード大学卒業後、1981年には投資会社である「ジェームズ・D・ウォルフェンソン社」を設立し、社長兼最高経営責任者 (CEO) としてアメリカ国内外の企業に投資顧問業務を展開してきた。この投資会社設立以前にも、ニューヨークのソロモン・ブラザーズの取締役パートナーや同社投資銀行部門部長、ロンドンのシュローダーズ社の取締役副会長兼社長、ニューヨークのJ.ヘンリー・シュローダーズ・バンキング・コーポレーション社長、さらにオーストラリアの投資会社ダーリング&カンパニー・オブ・オーストラリア社の専務取締役を務めていた。

参考資料[編集]

官職
先代:
ルイス・トンプソン・プレストン
世界銀行総裁
1995年 - 2005年
次代:
ポール・ウォルフォウィッツ