ジェームス・バルガー事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ジェームス・バルガー事件1993年2月12日、イギリスリバプールで起こった誘拐殺人事件。現地リバプールを含むイングランド北部では「バルヂャー」を「ボルヂャー」または「ボールヂャー」のように発音する。日本ではJamie Bulgerジェイミー・バルガーと表記される。

概要[編集]

事件の概要[編集]

当時2歳児のジェームス・パトリック・バルガー(James Patrick Bulger/1990年3月16日-1993年2月12日)がマージーサイド州で当時10歳の少年J.ヴェナブレス(1982年12月8日生まれ)とR.トンプソン(1982年8月23日生まれ)の2人に誘拐され殺害された。10歳の少年2人による2歳児殺害事件は英国社会に大きな衝撃を与え、その反応はリバプールとその周辺で特に大きかった。

裁判所は加害少年2人は長い間、世間から隔離されなければならないと判断し、非常に短期間で裁判は結審した。タイラー卿ガスフォース裁判長は、2人は最低でも10年は刑務所に収監されなければならないとの裁きを下したが、それは2003年までに釈放されることを意味していた。この裁きに対して一部マスコミが猛反発し、大衆紙ザ・サンは加害少年2人を終身刑にするよう求める署名30万人分をマイケル・ハワード法務大臣に届けた。

1995年、加害少年2人は刑期を最低でも15年に延ばされ、それは2008年、彼らが26歳になるまで釈放されないことを意味した。しかしながら1997年高等法院はマイケル・ハワード法相の決定を違憲と判断し、彼が変更した刑期は却下され、加害少年2人は18歳になった時点で釈放されることになった。

釈放とその影響[編集]

J.ヴェナブレスとR.トンプソンは少年院内での態度の良さが認められ、新しい身分が与えられて2001年に釈放された。釈放の際、イギリス全土で抗議運動が起こったが、裁判所は2人にこの先一生リバプール周辺には絶対に立ち入らない、週に1回保護監察官の面接を受ける義務を課し、マスコミに対しては2人についての報道を行わないように緘口令を敷いた。

被害者の母親に対しては政府から7,500ポンドの見舞金が支払われたが、後に夫妻は破局し、事件後すぐに離婚した。今ではそれぞれ別の配偶者と再婚している。

殺害[編集]

1993年2月12日、J.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人は学校を無断欠席した。その日2人はストランド・ショッピングセンターを訪れ、食肉店の外で母親を待っていた被害者を誘いショッピングセンターの外に連れ出した。母親が買い物も終わって店の外に出た時には、被害者は既に連れ去られており、母親はすぐさま警備員に相談した。

その日被害者は近郊の都市カークビー(Kirkby)から母親と共に買い物にストランド・ショッピングセンターを訪れていた。バルガー夫人は息子に店の外で立って待っているように言った。母親が買い物をしている数分間にJ.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人は被害者の手を引いてショッピングセンターの外に連れ出した。その様子は警備カメラに15時39分に記録されていた。

J.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人は被害者を連れて2マイル半(約4km)歩いた。2人は人気(ひとけ)のない水路で被害者の頭部と顔面に激しい暴行を加え、頭を地面に叩きつけた。後に名乗り出た目撃者は、1人の少年が幼児の胸部を蹴っていたと証言した。

被害者を連れて2人が歩いている所は合計38人に目撃され、その内の何人かは被害者が負傷している事に気づいていた。だがその他の目撃者は被害者が少年らと嬉しそうに歩き、時折笑っていたと証言し、少年2人が後に被害者に暴力をふるうとは思わなかったと述べている。目撃者のうち何人かは2人に声を掛けたが、2人はこれから怪我をした弟を警察に連れて行くところだと言った。最終的に2人は瀕死の被害者をマージーサイド州ウォルトンの線路上に放置した。

被害者の口には乾電池が詰め込まれ、顔には青いペンキが塗られた。更に加害少年2人は重さ22ポンド(約10kg)の鉄の棒で殴る蹴るの暴行を加えた。遺体を線路に直角に横たわるように放置したのは、事故死と偽装するためだった。これらのことは後の裁判で明らかになった。

警察の調べで、加害少年は2人とも、被害者の顔面に塗られたものと同じ青ペンキが服に付着しており、靴にも血痕が付着していたことが判明した。その血痕をDNA鑑定したところ、それは明らかに被害者の血液だった。

失踪から2日後の日曜日、遺体が発見されたが、その上を列車が知らずに通過したため、発見された時点では上半身と下半身が轢断された状態になっていた。

この事件を教訓として公共の場に警備カメラの設置が相次いでいる。

裁判[編集]

J.ヴェナブレスとR.トンプソンの2名が殺害の容疑で逮捕されると、マスコミはこぞって報道合戦を開始した。その時点で、R.トンプソンは「子供A」('Child A')、J.ヴェナブレスは「子供B」('Child B')と表記された。しかし裁判が近づくと英国法務省は事件が世間に与えた重大性や世間の要求を鑑みて、J.ヴェナブレスとR.トンプソン両名の顔写真・経歴・本名の公開を許可し、裁判が終わると加害少年2名の警察に逮捕された直後に撮影された写真まで公開した。この決定と報道に対して世間の人々は、こんなにも残酷な事件をまだ10歳の子供が犯した事に衝撃を受けた。

マスコミを含めて多くの人々が南セフトン治安判事裁判所周辺に集まり、J.ヴェナブレスとR.トンプソン両名の親族は自治体からの支援を受け、新しい身分と共に他の都市に移住した。J.ヴェナブレスとR.トンプソン両名の裁判は全てランカシャー州プレストン刑事法院で行われ、成人と同じ手続きで裁判が行われた。他の未成年触法者を裁く裁判のように両親の隣に座ることは許されず、1人で被告人席に座ることになった。J.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人は、成人の裁判と同じように被告人席から裁判所内にいる人全員が見えるように座らされたが、脇にはソーシャルワーカーが待機していた。裁判中J.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人は両親から引き離され、何日か数時間だけ一緒に過ごすことが許された。裁判の様子は毎日、新聞の一面を写真付きで飾った。

裁判後2人の公的な身分は法的に 完全に抹消された(これをイギリスでは女王陛下の意向に基づき (at Her Majesty's pleasure)と表現するが実際に国王の意向が反映されているのではなく、あくまでも政府の決定をこのように表現するだけである)。この裁判を担当したモーランド裁判官はJ.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人の刑期を最低8年と決めた。決定は後に世論の動きと意見に後押しされる形でタイラー卿ガスフォース大法官(当時)によって最低15年に変更されたが、2000年にハリー・ウルフ大法官(当時)によって8年間に戻された。

家庭環境[編集]

法廷ではJ.ヴェナブレスとR.トンプソンの家庭環境から情状酌量は認められなかったが、両名とも悲惨な環境で生まれ育っていた。R.トンプソンは7人兄弟の末子であり、未婚の母であったその母親は重度のアルコール依存症だった。父親も同じようにアルコール中毒で、母親や子供達に暴行・性的虐待を繰り返していたが、R.トンプソンが5歳の時に蒸発した。R.トンプソンは年上の兄弟からもたびたび暴行を受け、一時期児童保護施設に収容されていた。

R.トンプソンの父親は事件の5年前に家族を捨てて蒸発しており、自宅は事件の1週間前に全焼していた。R.トンプソンの母親A.トンプソンは極度のアルコール中毒で、彼女が7人の子供の面倒を見ることは不可能だった。作家のブレイク・モリソンは、R.トンプソンの家族について「ぞっとする、この家では子供達は親に傷つけられ、お互いを苦しめている」と表現した。事実、R.トンプソンの兄弟で3番目のP.トンプソンは兄をナイフで脅して警察に通報された記録がある。P.トンプソンは一時期里子に出され、戻ってきてからアスピリンで自殺未遂をしている。また、その騒動で母親ともども病院に収容されている。

J.ヴェナブレスの両親もまた離婚していた。J.ヴェナブレスの母親が病を患った間、J.ヴェナブレスの兄弟姉妹は学習障害から特殊学級への通学を余儀なくされた。J.ヴェナブレスは学級内で孤立したため、注目を集めようとして壁に何度も頭を打ちつける癖があった。しかし教師もクラスメートもJ.ヴェナブレスに注意を払わなかった。

J.ヴェナブレスの両親は離婚していたが、お互い簡単に行き来できる所に住み、J.ヴェナブレスは1週間のうち2日は父親の家で過ごしていた。J.ヴェナブレスの2人の兄と1人の妹は全員学習障害を抱え、普通学級で学習することは困難だった。J.ヴェナブレス自身は異常なまでに活発で、他の男子児童とよく殴り合いの喧嘩をした。母親のS.ヴェナブレスは3歳・5歳・7歳の子供を家に残したまま出掛け、保護責任遺棄容疑で警察から呼び出しを受けている。この件について警察では、S.ヴェナブレスはうつの兆候が認められ自殺の危険性が高いと記録している。

一部のマスコミ、特に地元の「リバプール・エコー」紙はJ.ヴェナブレスとR.トンプソン両名の家庭環境は、イギリス国内でも貧困層が多い地域では珍しいものではないと断じ、情状酌量の材料にはならないと報道した。事件後J.ヴェナブレスの母親S.ヴェナブレスとR.トンプソンの母親A.トンプソンの2人は往来でマスコミから集中砲火を浴びた。


釈放[編集]

1999年、弁護人は欧州人権裁判所にJ.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人を釈放するように働きかけた。なぜ成人と同じように裁かれなければならないのか自分で理解できるほどこの2人は成長しておらず、公正に裁かれてもいないと弁護人は訴えた。欧州人権裁判所大法官の交代を促し、J.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人を未成年者として刑期を15年から8年に短縮させた。

2001年6月、刑期が8年に戻された半年後、仮釈放委員会はJ.ヴェナブレスとR.トンプソンの2人が再び社会の脅威になることはないと判断し、釈放できると断定した。デイヴィット・ブランケット法務大臣(当時)は2001年の夏に釈放を決定した。釈放に際してJ.ヴェナブレスとR.トンプソンには新しい身分が与えられる事になった。2人の釈放と新しい人生の構築に関連して4億ポンドの公費を要した。

内通者を抱き込んでいた「マンチェスター・イーヴニング・ニューズ」紙はJ.ヴェナブレスとR.トンプソンの釈放と新しい身分を公開し、後にこれには3万ポンドの罰金を支払うよう裁判所命令が下った。同社は弁護士を立てて法廷で争ったが敗訴し、最終的には12万ポンドの罰金を支払うことになった。

J.ヴェナブレスとR.トンプソン両名の釈放に関してマスコミは英国ウェールズに住んでいる点のみの報道が許可されている。他国のマスコミも同様である。2001年6月、J.ヴェナブレスの母親は「ニューズ・オブ・ワールド」誌上で、息子は釈放されてから数週間以内に暴徒に殺されるだろうと発言しているが、彼女の弁護人はマスコミ監視委員(Press Complaints Commission)にこのような発言はないと公式に抗議し、マスコミが世間からの注目を引くために行なった捏造だと断じたが、最終的に母親の(ものとされる)発言は世間からの注目を集める結果となった。2007年の時点で自警団はJ.ヴェナブレスとR.トンプソンについての現在の動向を知る権利を手に入れたが、それにも拘らずデニーズ・ファーガスさん(被害者の母親)には匿名でR.トンプソンの現在の状況が知らされていた。彼女は確かに現在のR.トンプソンを見たが、憎しみのあまりその場で麻痺したと語り、どんな方法であっても彼とは一切関わり合いを持たないとしている。

2006年6月、「サンデイ・ミラー」紙はR.トンプソンが過去を隠してガールフレンドと結婚したと報じた。同紙によるとR.トンプソンは釈放後に何度もヘロインを使用し、万引きで何度も逮捕されたが、今はホワイトカラーの勤労者としてオフィスで勤務しているという。

2010年、ジョン・ヴェナブレスは児童ポルノ規正法違反で逮捕された。ジャック・ストロー英司法相(当時)は”時期尚早な情報公開は刑事司法制度の整合性を損ないかねない”と逮捕された事件の詳細を明らかにしていない。