シーウルフ (SSN-21)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS Seawolf (SSN-21)
艦歴
発注 1989年1月9日
起工 1989年10月25日
進水 1995年6月24日
就役 1997年7月19日
その後 就役中
母港 コネチカット州グロトン
性能諸元
排水量 基準:7,568 t、満載:9,137 t
全長 107.6 m (353 ft)
全幅 12.2 m (40 ft)
喫水 10.67 m (36 ft)
機関 S6W 原子炉 1基
乗員 士官15名、兵員101名
兵装 26インチ魚雷発射管8門
魚雷ミサイルおよび機雷×52、
モットー Cave Lupum ("Beware the Wolf")
Patch of the USS Seawolf (SSN-21).png

シーウルフ(USS Seawolf, SSN-21)は、アメリカ海軍シーウルフ級原子力潜水艦の1番艦。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

シーウルフはコネチカット州グロトンのジェネラル・ダイナミクス・エレクトリック・ボートに1989年1月9日建造発注される。1989年10月25日に起工。1995年6月24日にマーガレット・ドルトン夫人によって命名、進水し、1997年7月19日にデヴィッド・M・マッコール艦長の指揮下就役した。

シーウルフ級はロサンゼルス級の後継およびソ連海軍アクラ級に対抗する目的で建造された。シーウルフ級は25ノットの行動速度においてロサンゼルス級よりも静音性を保つことができると言われている。

当初は29隻が建造される予定であったが冷戦の終了と共にそのコストが問題視され、3隻が建造されるに留まった。

外部リンク[編集]