シロザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シロザメ
Mustelus griseus.jpg
シロザメ
Mustelus griseus
保全状況評価[1]
DATA DEFICIENTIUCN Red List Ver.3.1(2001)
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: メジロザメ目 Carcharhiniformes
: ドチザメ科 Triakidae
: ホシザメ属 Mustelus
: シロザメ M. griseus
学名
Mustelus griseus
Pietschmann, 1908
英名
Spotless smooth-hound

生息地

シロザメ(白鮫、Mustelus griseus)は、メジロザメ目ドチザメ科に属するサメ。地方名はノウソマノクリ[2]。全長1 m。日本を含め、アジア沿岸海域で普通に見られる比較的小型の底生性のサメである。肉や鰭は食用になる。

分布[編集]

北西太平洋の熱帯から温帯海域(北緯11度 - 40度)に分布する[3]北海道以南の日本各地および朝鮮半島中国台湾ベトナムにかけて、東シナ海南シナ海沿岸の海底付近に生息する。砂泥質の海底を好む。生息水深帯は、浅海から水深2,000mを超える深海まで[2]

形態[編集]

最大全長101cm[3]。体型は細長い流線形。体色は背側が灰色から褐色、腹側は白色である。ホシザメ M. manazo によく似ているが、シロザメには体表に小白斑が見られないことで区別できる。歯の形状は敷石状。

生態[編集]

主に底生性の無脊椎動物を捕食するが、とくに甲殻類を好み、とりわけカニ類を主食としている[4]。甲殻類では他にエビ類、ヤドカリ類、シャコ類などが餌生物として含まれ、甲殻類以外ではゴカイなどの多毛類の比率が高い[4]

胎生。胎盤を形成し、胎仔は母親から直接栄養を供給されて育つ[5]。妊娠期間は約10ヶ月で、雌は全長28〜30cmの子どもを2〜20尾産む[1]

人との関わり[編集]

延縄、刺し網、底引き網、定置網などで漁獲される[1][2]。肉や鰭は食用として高値で取引される。肉は生食用や練り物原料になり、鰭はフカヒレに加工される。

人には危害を加えない。飼育にも適しており、水族館などでよく展示される。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Quaranta, K.L. & Ebert, D.A. 2007. Mustelus griseus. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.4. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 18 February 2011.
  2. ^ a b c デジタルお魚図鑑: シロザメ 長崎県水産部ホームページ「海のお魚大百科」
  3. ^ a b Mustelus griseus Froese, R. and D. Pauly. Editors. 2010. FishBase. World Wide Web electronic publication. www.fishbase.org, version (11/2010).
  4. ^ a b S. Kamura & H. Hashimoto (2004). “The food habits of four species of triakid sharks, Triakis scyllium, Hemitriakis japanica, Mustelus griseus and Mustelus manazo, in the central Seto Inland Sea, Japan”. Fisheries Science 70 (6): 1019-1035. 
  5. ^ K. Teshima (1975). “Studies on Sharks - VIII. Placentation in Mustelus griseus”. Japanese Journal of Ichthyology 22 (1): 7-12. 

外部リンク[編集]

関連項目[編集]