ショウジョウコウカンチョウ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ショウジョウコウカンチョウ科
ルリノジコ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : スズメ上科 Passeroidea
階級なし : nine-primaried oscines
: ショウジョウコウカンチョウ科 Cardinalidae
英名
Cardinals
Cardinal Grosbeaks

16属

ショウジョウコウカンチョウ科(ショウジョウコウカンチョウか、Cardinalidae)は、鳥類スズメ目の科である。

南北アメリカ熱帯に生息する。

以前はコウカンチョウ科と訳した。また、分類によってはコウカンチョウ亜科 Cardinalinaeコウカンチョウ族 Cardinalini ともなった。

系統と分類[編集]

9枚の初列風切をもつ nine-primaried oscines の1科である。

かつてはコウカンチョウ科と訳した。これはかつてコウカンチョウ Paroaria coronata がこの科に含まれていたためである。しかしコウカンチョウ属 Paroaria の科分類は流動的で、Tordoff & Arbor (1954)[1]ホオジロ科に移し、さらに Yuri & Mindell (2002) がフウキンチョウ科に移した[2]ため、現在はこの科に含まれない。

系統樹[編集]

Klicka et al. (2007)[3]; Weir et al. (2009)[4]などより。伝統的には他の科だった属には ★、伝統的にはコウカンチョウ科だった属を含む他の科には ☆ をつけた。

nine-primaried oscines

アトリ科 Fringillidae


New World
nine-primaried oscines



アメリカムシクイ科 Parulidae



ムクドリモドキ科 Icteridae



ホオジロ科 Emberizidae




フウキンチョウ科 Thraupidae


ショウジョウコウカンチョウ科

オナガシトドSaltatricula




アリフウキンチョウ属 Habia



オリーブフウキンチョウ属 Chlorothraupis





フウキンチョウ属 Piranga




ヨゴレフウキンチョウ Mitrospingus



ショウジョウコウカンチョウ属 Cardinalis




キミドリイカル属 Caryothraustes




ズグロアカイカル Periporphyrus



クロアカイカル Rhodothraupis








ムネアカイカル属 Pheucticus



ムネアカアメリカムシクイ属 Granatellus






Cyanocompsa



シコンコメワリ属 Amaurospiza



ソライロノジコ Cyanoloxia




ムナグロノジコ Spiza



ルリノジコ属 Passerina






ツメナガホオジロ科 Calcariidae




属の移動[編集]

分子系統から、New World nine-primaried oscines 内でいくつかの属が移動させられた。Weir et al. (2009)[4]による移動は次のとおり(キガタイカルParkerthraustesシコンコメワリ属 Amaurospiza を追加[3])。国際鳥類学会議 (IOC)[5]アメリカ鳥学会 (AOU)[6]・AOU南アメリカ分類委員会 (SACC)[7]の対応を示す(×: 伝統的な科に留める; ○: 系統的な科に移す; Thr: フウキンチョウ科; Emb: ホオジロ科; ?: 未定 incertae sedis)。

ショウジョウコウカンチョウ科へ
学名 伝統的な科 IOC AOU SACC
オナガシトド Saltatricula ホオジロ科 Thr - -
アリフウキンチョウ属 Habia フウキンチョウ科
オリーブフウキンチョウ属 Chlorothraupis
ヨゴレフウキンチョウ属 Mitrospingus × × -
ムネアカアメリカムシクイ属 Granatellus アメリカムシクイ科
シコンコメワリ属 Amaurospiza ホオジロ科
フウキンチョウ属 Piranga フウキンチョウ科

オナガシトド SaltatriculaDNAハイブリダイゼーションや Klicka et al. (2007)[3]ではフウキンチョウ科という結果が出ており、IOCはそれに従っている。

ショウジョウコウカンチョウ科から
学名 分子系統による科 IOC AOU SACC
キガタイカル Parkerthraustes フウキンチョウ科 × - -
コウカンチョウ属 Paroaria Emb
マミジロイカル属 Saltator ×  ?

マミジロイカル属 Saltator の1種ノドグロイカル Saltator atricollis は、同属他種と異なりショウジョウコウカンチョウ科内のオナガシトドと姉妹群に位置するという結果が出ているが、同属他種と同系統だとした Klicka et al. (2007) を踏まえ、Weir et al. (2009) はマミジロイカル属全体をフウキンチョウ科とした。

詳細は移動先の科を参照。

分類史[編集]

伝統的には、コウカンチョウ科、あるいは、他の科と統合しその中のコウカンチョウ亜科 Cardinalinae とされてきた。古くは PyrrhuloxiinaeRichmondeninae とも呼ばれた。コウカンチョウ亜科あるいは PyrrhuloxiinaeRichmondeninae が属する科には、フウキンチョウ科[1]、アトリ科[1]、ホオジロ科[8]などがあった。Sibley & Ahlquist (1970) や Sibley et al. (1988) では、アトリ科ホオジロ亜科コウカンチョウ族 Cardinalini となった。

属と種[編集]

属と種は国際鳥類学会議 (IOC)[9]による。

出典[編集]

  1. ^ a b c Tordoff, Harrison B.; Arbor, Ann (1954), A Systematic Study of the Avian Family Fringillidae Based on the Structure of the Skull, Museum Of Zoology, University Of Michigan, No.81, University Of Mlchlgan Press, http://141.213.232.243/bitstream/2027.42/56326/1/MP081.pdf 
  2. ^ Remsen, Van (2007), Transfer the genus Paroaria to the Thraupidae, Proposal (#276) to South American Classification Committee, http://www.museum.lsu.edu/~remsen/SACCprop276.html 
  3. ^ a b c Klicka, John; Burns, Kevin; Spellman, Garth M. (2007), “Defining a monophyletic Cardinalini: A molecular perspective”, Mol. Phylogenet. Evol. 45: 1014?1032, http://www.bio.sdsu.edu/pub/burns/Klickaetal2007.pdf 
  4. ^ a b Weir, J. T.; Bermingham, E.; Schluter, D. (2009), “The Great American Biotic Interchange in birds”, Proc. Natl. Acad. Sci. 106: 21737-21742, http://www.pnas.org/content/106/51/21737.full 
  5. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2010), IOC World Bird Names (version 2.5), http://www.worldbirdnames.org/ 
  6. ^ AOU, ed., Check-list of North American Birds, http://www.aou.org/checklist/north/full.php 
  7. ^ Remsen, J. V.; Cadena, C. D.; Jaramillo, A.; Nores, M.; et al., AOU, ed., A classification of the bird species of South America, 15 May 2012, http://www.museum.lsu.edu/~Remsen/SACCBaseline.html 
  8. ^ 宇田川龍男 (1974), “ホオジロ”, in 相賀徹夫, 万有大百科事典 20 動物, GENRE JAPONICA, 小学館 
  9. ^ Gill, Frank; Donsker, David, eds. (2012), “Buntings, tanagers and allies”, IOC World Bird Names, version 3.1, http://www.worldbirdnames.org/n-buntings.html