シャンプレーン湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ランドサット衛星から見た湖
シャンプレイン湖の夕日

シャンプレイン湖(Lake Champlain)はアメリカバーモント州ニューヨーク州およびカナダケベック州の境界に位置する。大半はアメリカ領内にあり、アメリカでは6番目に大きな湖である。

バーモント州のグリーン山脈とニューヨーク州のアディロンダック山地の間に位置し、北の端がカナダのケベック州に入る。バーモント州からウィヌースキー川、ミシスクォイ川、Lamoille川、ニューヨーク州からオーサブル川、Chazy川、サラナック川、さらにジョージ湖からもLa Chute川が注ぎ、集められた水はリシュリュー川を下ってセントローレンス川に合流する。

湖周辺の地域は、1609年にこの地域の探検中にイロコイ族に殺されたフランス人探検家サミュエル・ド・シャンプランにちなんでシャンプレインバレーと呼ばれる。

19世紀、シャンプレイン湖はハドソン川水系とシャンプレイン運河で繋がり、湖に面したバーリントンポート・ヘンリープラッツバーグは商業的に非常に重要な港であった。しかし現在ではこれらの港を利用する船舶の大半は小型船やフェリー、湖のクルーズ船である。

シャンプレイン湖は、ラブラドル半島からアメリカ北部を通りノースウェスト準州まで弧状に分布する多くの湖のひとつである。五大湖には及ばないものの、面積は約1269km²、長さはおよそ201km、幅は最大23kmにおよぶ淡水湖で、約80の島が浮かび、その全てがバーモント州に属している。

植民地時代、シャンプレイン湖は、はやくからセントローレンス川とハドソン川との間の航路として使われた。湖北端のサンジャンシュルリシュリューモントリオールに近く、南端のホワイトホールサラトガグレンズフォールズオールバニーに近い。植民地時代にはタイコンデロガクラウンポイントの砦が湖の航行をコントロールしていた。1758年と1777年にはタイコンデロガで大きな戦いがあり、1776年にはバルクール島で、1814年にはプラッツバーグで海戦があった。

米英戦争の後、イギリス領カナダからの攻撃を防ぐため、アメリカ人によりブランダー砦が造られた。


またこの湖では、チャンプという名のUMAの目撃例がある。