シャビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャビ Football pictogram.svg
Xavi Euro 2012 vs France 01.jpg
名前
本名 シャビエル・エルナンデス・クレウス
愛称 Xavi(シャビ、チャビ)
ラテン文字 Xavier Hernández Creus
基本情報
国籍 スペインの旗 スペイン
生年月日 1980年1月25日(34歳)
出身地 カタルーニャ州, タラサ
身長 170cm
体重 68kg
選手情報
在籍チーム スペインの旗 FCバルセロナ
ポジション MF(CMF)
背番号 6
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1997-1998
1998-
スペインの旗 FCバルセロナB
スペインの旗 FCバルセロナ
61 (4)
474 (56)
代表歴
1997
1997-1998
1999
1998-2001
2000
2000-2014
2000-
スペインの旗 スペイン U-17
スペインの旗 スペイン U-18
スペインの旗 スペイン U-20
スペインの旗 スペイン U-21
スペインの旗 スペイン U-23
スペインの旗 スペイン
カタルーニャ州の旗 カタルーニャ
10 (2)
10 (0)
6 (2)
25 (7)
6 (2)
133 (12)
8 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。2014年7月1日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

シャビ(Xavi)ことシャビエル・エルナンデス・クレウス(Xavier Hernández Creus、1980年1月25日 - )は、スペインタラサ出身のサッカー選手リーガ・エスパニョーラFCバルセロナに所属する元スペイン代表である。ポジションは MF(センターハーフ)。

カタルーニャ語での発音はチャビのほうがより近く、本人はチョコレートと同じ音であると語っている。バルセロナのオフィシャル番組バルサTVでもチャビと発音・表記されている。日本ではシドニーオリンピックのあたりまで、報道においてチャビと表記するマスコミもあったが、2002 FIFAワールドカップからはほぼシャビで統一されている。

経歴[編集]

クラブ[編集]

ジョアン・ガンペール杯でのシャビ(2008年)

1991年、11歳の時にFCバルセロナの下部組織に加入し、ラ・マシアに入寮した。はじめてもらった24ユーロ(約3200円)の給料は故郷の母へトースターをプレゼントするのに使ったという[1]。順調に下部組織のカテゴリーを昇格していき、1997年にはジョルディ・ゴンサルボが率いるFCバルセロナBに昇格し、セグンダ・ディビシオン(2部)昇格を果たしたチームのキープレーヤーであった。この頃、ミランから4年契約で移籍オファーがあった。家族から離れることを嫌い受けなかったと、後に母親がスペインメディア『TV Cuatro』のインタビューに応えて明かしている。

1998年8月18日、スーペルコパ・デ・エスパーニャマジョルカ戦でトップチームデビューし、その試合で得点してタイトル獲得に貢献した。10月3日のビジャレアル戦でリーガ・エスパニョーラデビューし、3-1で勝利を飾った。デビューしてからしばらくはFCバルセロナBとトップチームを往復する日々が続いたが、バリャドリード戦で決勝点を決めて中位に低迷していたチームの巻き返しに一役買い、ルイス・ファン・ハール監督率いるチームで鍵となる選手に成長した。1999-2000シーズンはレギュラーのMFジョゼップ・グアルディオラが負傷で試合を欠場することが多く、シャビがプレーメーカーの一番手で起用されるようになった。2000-01シーズンまではグアルディオラとコンビを組むことが多く、グアルディオラが退団した2001-02シーズンはMFフィリップ・コクーとコンビを組むことが多かったが、2003-04シーズンには下部組織からMFアンドレス・イニエスタが昇格し、退団したコクーに代わってコンビを組むことが多くなった。2004年夏にはチームの副キャプテンに就任した。同年夏にはMFデコが加入し、イニエスタを含めた中盤の3人は抜群のコンビネーションを発揮し、2004-05シーズンのリーグ優勝に貢献した。2005年12月2日、練習中にグラウンドのぬかるみに足を取られて転倒し、左膝前十字靭帯を断裂する重傷を負った。手術では膝蓋腱英語版形成による靭帯の再生処置が施され、5ヶ月間のリハビリに取り組んだ。2006年4月のカディスCF戦でデコに代わって途中出場し、10分間プレーした。UEFAチャンピオンズリーグ決勝にも出場し、チームはリーグ戦とUEFAチャンピオンズリーグの2冠を達成したが、シャビ自身にとっては不完全燃焼のシーズンであった。

2006-07、2007-08シーズンと連続してリーグ優勝を逃したためにフランク・ライカールト監督が辞任し、かつてのチームメイトであるジョゼップ・グアルディオラが監督に就任した。2008-09シーズンは個人的にもクラブにとっても素晴らしいシーズンであり、リーガ・エスパニョーラコパ・デル・レイUEFAチャンピオンズリーグの3冠を達成したチームの中で重要な役割を担った。2008年12月20日、クラブとの契約を2014年まで延長し[2]、クラブで最も高額な部類となる年俸750万ユーロに昇給した。2009年2月14日のベティス戦のフル出場で公式戦通算452試合フル出場を達成し、クラブ歴代2位のFWカルロス・レシャックのフル出場記録に並び、ランクの上にはDFミゲリ(548試合フル出場)しかいない。5月2日に行われたレアル・マドリードとのエル・クラシコでは4アシスト(プジョルとアンリに対して1アシスト、メッシに対して2アシスト)を決め、6-2と大勝してリーグタイトル獲得を決定づけた。ビルバオとのコパ・デル・レイ決勝では駄目押しとなる直接フリーキックを決めた。マンチェスター・ユナイテッドとのUEFAチャンピオンズリーグ決勝では69分にリオネル・メッシの得点をアシストし、ペナルティエリアの外からゴールポストを叩くシュートを放った。最終的に2-0で勝利して自身2度目の優勝を果たし、同大会の最優秀MFに選出された。2008-09シーズンのリーグ戦ではリーグ最多の20アシストを記録し、UEFAチャンピオンズリーグでも最多の7アシストを記録した。

2009-10シーズンも好調を維持した。1998-99シーズンから11シーズン連続で欧州カップ戦に出場しているが、2009年12月9日のUEFAチャンピオンズリーグ・ディナモ・キエフ戦に出場してクラブ初の欧州カップ戦通算100試合出場を果たした。同月にはアラブ首長国連邦で行われたFIFAクラブワールドカップに出場し、アトランテCF(北中米カリブ海代表)とエストゥディアンテス(南米代表)に勝利して優勝した。2010年4月10日にはエスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウでのエル・クラシコで2アシストを記録した。リーグ戦34試合に出場して3得点9アシストを決め、勝ち点99を獲得してリーグ2連覇を果たした。UEFAチャンピオンズリーグでは準決勝でインテルに敗れたもののベスト4に残った。2010年6月3日、リーグ最優秀選手賞であるトロフェオ・アルフレッド・ディ・ステファノでメッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに次ぐ3位に選ばれた[3]。6月9日、2016年6月末までの4年間の契約延長に合意した[4] [5]

2010年11月29日、5-0で完勝したエル・クラシコでは先制点をマーク。12月にはFIFAバロンドールの最終候補3名が発表され、FCバルセロナのシャビ、イニエスタ、メッシの3人が候補を独占した[6]。しかしあと一歩及ばずメッシに敗れてしまったが、シャビは「これはカンテラ(育成機関)への賞だ」とメッシの受賞をたたえた。

スペイン代表[編集]

UEFA欧州選手権2008でのシャビ

2000年にはシドニーオリンピックに出場し、銀メダルを獲得した。決勝ではFWサミュエル・エトオを擁するカメルーン代表と対戦し、シャビがフリーキックで先制点を決め、DFガブリが追加点を挙げたが、最終的にPK戦で敗れた。

2000年11月15日、オランダとの親善試合でスペイン代表デビューを飾った。ホセ・アントニオ・カマーチョ監督がスペイン代表を率いた2002 FIFAワールドカップには控え選手の立場で参加したが、準々決勝の韓国戦では試合の流れを変える切り札として延長戦前半途中から投入され、PK戦では3番手キッカーとして出場したが、PK戦に敗れて敗退した[7]イニャキ・サエス監督が率いたUEFA欧州選手権2004では出場機会を全く与えられず、1勝1敗1分でグループリーグ敗退に終わった。UEFA欧州選手権後にはMFルーベン・バラハ、MFフアン・カルロス・バレロン、MFイバン・デ・ラ・ペーニャ、MFグティ、MFシャビ・アロンソなどとポジションを争い、ルイス・アラゴネス監督の信頼を得てレギュラーに定着した。2006 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選では10試合中8試合に出場し、スロバキアとのプレーオフを勝ち抜いて本大会出場を決めた。プレーオフのファーストレグでは初めて背番号4を着け、2アシストの活躍で5-1の大勝に貢献した[8]

チームの主軸のひとりであったUEFA欧州選手権2008ではイニエスタ、MFダビド・シルバ、MFセスク・ファブレガスとともにCuatro Jugones(クアトロ・フゴーネス、4人の創造者)と呼ばれる中盤を形成し[9]、ショートパスの連続でボール支配率を高めて44年ぶり2度目の優勝に導いた。準決勝のロシア戦では先制点を挙げ、決勝のドイツ戦ではFWフェルナンド・トーレスの決勝点をアシストした。UEFAによって大会最優秀選手に選出された[10]。準決勝でシャビが決めた得点は大会通算500得点目のメモリアルゴールであった[11]

2010 FIFAワールドカップ・ヨーロッパ予選でも中心選手としてチームを引っ張り、10戦10勝で本大会出場を決めた。本大会グループリーグのスイスとの初戦は0-1で敗れたが、ホンジュラスチリに勝利してグループリーグ突破を決め、決勝トーナメントではポルトガルパラグアイドイツオランダを倒して初優勝を飾った。決勝トーナメント1回戦ではヒールパスでFWダビド・ビジャの決勝点をアシストし、準決勝ではコーナーキックでDFカルレス・プジョルの得点をアシストした。決勝までの7試合で669本のパスを試みて544本を成功させ、そのパス成功率は81%にも達した[12]。パス本数はバスティアン・シュバインシュタイガーに104本差をつけて参加選手中最多を誇り、パス成功本数が500本を越えたのは彼だけであった[12]。また、43本のコーナーキックを蹴って26本を味方に合わせたが、キック数・成功本数ともに2位を大きく引き離してトップだった[12]。7試合で全選手中トップの80.2kmの走行距離を記録し、1試合平均走行距離は11.4kmに達した[13]。ペナルティエリア内にボールを運んだ回数も全選手中トップの20回を記録した[14]

2011年3月25日のUEFA欧州選手権2012予選チェコ戦で、スペイン代表史上4人目となる代表100試合出場を達成した[15]

プレースタイルとそのしくみ[編集]

フリーキックを蹴るシャビ

シャビは言う「サッカー選手に大切なのは肉体じゃない、頭脳だ!」[16]。 試合中、頻繁に首をすばやく横方向に振って周囲を確認する[16]。一試合平均で五百数十回も首を左右に振って周囲を確認している[16]。首を横に振って状況を確認して首を元の位置に戻すのにかけるのはわずか0.5秒程度[16]。たとえば、次のように首を振る。近くにいる選手にパスが渡った瞬間にすでに一度一瞬首を左に振り左側の状況を確認。次にその選手が自分にパスするためにボールを蹴った瞬間に右側に首を振り右側の状況を確認し、ボールを受け即座に次にパスする[16]

シャビは言う「私にはピッチ上の全てが見えている」[16]。 シャビのピッチ上の状況把握力を確かめるために、ある位置から見た(ある視点から見た主観的な)画像を一瞬見て、ピッチを再現するボード(ピッチを上から見た図)に選手の位置を○印や×印で再現するというテスト(作業)をさせてみると、一般的なスペインリーグの選手が20人の選手のうち6人しか位置を正確に再現できないのに対して、シャビは20人のうち16人の位置を正確に配置できた[16]。つまり、シャビの頭脳ではピッチ上の敵・味方の選手たちの配置が、他のサッカー選手と比べものにならないほど正確に把握されているのである[16]

また、シャビの頭脳の活動を測定してみると、プレー中、大脳基底核が動いている。比較として、日本の一般的なサッカー選手の頭脳の働きを調べてみると、大脳前頭前野がもっぱら働いている[16]。(大脳前頭前野が働いているというということは、まだ(いちいち)「理屈で考えている」ということである[16]。)

一方、シャビの頭脳で主に働いている大脳基底核について解説すると、大脳基底核には過去の経験が蓄積されている、と考えられている[16]。大脳基底核は、無意識下に動いているので、本人には思考しているという感覚は無い[16]。つまり、シャビは膨大な経験に裏付けられた「直感」によってプレーしているのである[16]。ちょうど天才的なプロ棋士が無数の棋譜を憶えていて、その中から理屈を超えて直感的に次の手を選ぶように、シャビは無数のパターンを記憶していて直感的に適切な一手を選んでいるのである[16]

スペインにはプロ選手を養成するための特別なジュニアクラブがある(そしてそこでの練習は一般には公開しておらず秘密にされている)が、そこでは、子供たちに頭を使うサッカーのトレーニングをさせている[16]。例えばパスの練習ひとつをとっても、円形にジュニアを配置し相互にパスのトレーニングをする方法を行う場合でも、それぞれの子には、パスを受ける前に、もしボールを受けたら誰にパスをするのかあらかじめ幾通りにもイメージさせるようにし、そうしたトレーニングを日々毎日繰り返している[16]。決して、自分がパスを受けて持ってしまってから「次に誰にパスしようか?」などと考えるのではないのである[16]。まだパスが来ていないうちから、幾通りにも、自分にパスが来るパターンを思い描き、また自分がパスを受けた場合に誰に、どのようにパスするかについても幾通りにも思い描いているのである。こうすることで、スペインのジュニア選手ではサッカーのための頭脳が鍛えられているのである[16]

シャビにはピッチ上の全選手が見えており、各選手やボールの動きが数手先まで見えており(予見しており)、ボールの通る場所にあらかじめ行くことができるので、敵のパスボールがあたかもシャビのところに吸い寄せられるようにシャビのものになる[16]。無理矢理追いかけて奪い取っているというよりも、あらかじめボールの行き先が見えていてその場所に行っているのである[16]

相手のマークを一瞬で外す瞬発力、受けたボールをシンプルかつ的確にさばく状況判断力や高いパス技術など、洗練されたスキルを持つ世界最高の司令塔の一人。ボールキープ、ポジショニング、パスセンス、キックの精度、視野の広さ、どれもが世界最高クラスと言われ、それゆえ常にピッチ上で戦略の要となる。僅かなすきを見つけては針の穴を通すようにボールを送り、攻撃を加速させるスルーパスは圧巻の一言。常に相手DFの逆を突く意識でピッチを動き、ボールを奪われる場面など皆無に等しい。また、味方からパスを引き出す能力も高い。

結果として、ポゼッション(ボール支配率)の高いサッカーを実現している。敵選手はボールを奪えないことが多いのだ。それどころか、敵選手はボールに触れることすらできないことも多い。例えば味方同士で13回パスを行い、相手に一度も触れさせることもなくゴールする、ということも行う[16]。(ブラジルのサッカーにあるような、独りの選手が自分だけでボールを保持して長距離ゴール前まで走りつづけ、独りでゴールしてしまおうというサッカーとは根本的に異なる) シャヴィはこうしたサッカーの要の役を果たしている。

スペイン語で「ティキ・タカ」と呼ばれている「パスの細かな連携によって組み立てるサッカー」「パスを受けると同時に次にパスすることを繰り返すことで組み立てるサッカー」では欠かせない存在。

ルーズボールへの対応にも秀でており、重要な局面でこぼれ球からの得点をいくつも重ねている。テクニック面が注目されがちだが、スタミナやけがの耐性にも優れている。また守備能力にも優れており、「相手からボールを奪い取る技術にも長けている」と考えられている[17][18][19][20][21]

人物[編集]

2013年7月に1年半交際していた女性と結婚式を挙げた[22]

所属クラブ[編集]


個人成績[編集]

クラブでの出場記録[編集]

2012年7月2日時点
シー
ズン
クラブ ディビ
シオン
番号 リーガ 国王杯 UEFA
CL
UEFA
EL
国内スー
ペル杯
UEFAス
ーペル杯
FIFA
CWC
シーズン
通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
97-98 FCバル
セロナB
セグンダB 39 3 - - - - - - - - - - - - 39 3
98-99 セグンダ 6 18 0 - - - - - - - - - - - - 18 0
98-99 プリメーラ 26 17 1 2 0 6 0 - - 1 1 - - - - 26 2
99-00 セグンダB 6 4 1 - - - - - - - - - - - - 4 1
99-00 プリメーラ 26 24 0 4 1 10 1 - - - - - - - - 38 2
00-01 FCバル
セロナ
16 20 2 7 0 3 0 6 0 - - - - - - 36 2
01-02 6 35 4 1 0 16 0 - - - - - - - - 52 4
02-03 29 2 1 0 14 1 - - - - - - - - 44 3
03-04 36 4 6 0 - - 7 1 - - - - - - 49 5
04-05 36 3 1 0 8 0 - - - - - - - - 45 3
05-06 16 0 0 0 4 0 - - 2 0 - - - - 22 0
06-07 35 3 7 2 7 0 - - 2 1 1 0 2 0 54 6
07-08 35 7 7 1 12 1 - - - - - - - - 54 9
08-09 35 6 5 1 14 3 - - - - - - - - 54 10
09-10 34 3 3 2 11 1 - - 2 1 1 0 2 0 53 7
10-11 31 3 6 0 12 2 - - 1 0 - - - - 50 5
11-12 31 10 7 2 9 1 - - 2 0 1 0 1 1 51 14
12-13 30 5 5 0 11 1 - - 2 1 - - - - 48 7
プリメーラ通算 444 53 63 15 150 12 13 1 11 4 3 0 5 1 677 79

代表での出場試合数[編集]


スペイン代表 国際Aマッチ
出場 得点
2000-01 1 0
2001-02 5 3
2002-03 8 0
2003-04 5 0
2004-05 8 1
2005-06 13 1
2006-07 7 2
2007-08 16 4
2008-09 14 1
2009-10 17 0
2010-11 7 1
2011-12 14 1
2012-13 13 1
2013-14 7 1
通算 133 13

代表での得点[編集]

# 日時 場所 対戦相手 スコア 最終結果 大会
1. 2005年5月26日 スペインの旗 サラマンカ  中国 2–0 3-0 親善試合
2. 2006年9月6日 北アイルランドの旗 ベルファスト  北アイルランド 0–1 3-2 UEFA EURO 2008予選
3. 2006年10月11日 スペインの旗 ムルシア  アルゼンチン 1–0 2-1 親善試合
4. 2007年6月2日 ラトビアの旗 リガ  ラトビア 0–2 0-2 UEFA EURO 2008予選
5. 2007年9月12日 スペインの旗 オビエド  ラトビア 1–0 2-0 UEFA EURO 2008予選
6. 2007年11月21日 スペインの旗 ラス・パルマス・デ・グラン・カナリア  北アイルランド 1–0 1-0 UEFA EURO 2008予選
7. 2008年6月4日 スペインの旗 サンタンデール  アメリカ合衆国 1–0 1-0 親善試合
8. 2008年6月26日 オーストリアの旗 ウィーン  ロシア 0-1 0-3 UEFA EURO 2008
9. 2008年8月20日 デンマークの旗 コペンハーゲン  デンマーク 0–2 0-3 親善試合
10. 2011年3月29日 リトアニアの旗 カウナス  リトアニア 0-1 1-3 UEFA EURO 2012予選
11. 2011年9月6日 スペインの旗 ログローニョ  リヒテンシュタイン 3-0 6-0 UEFA EURO 2012予選
12. 2012年9月7日 スペインの旗 ポンテベドラ  サウジアラビア 3–0 5-0 親善試合
13. 2013年10月11日 スペインの旗 パルマ・デ・マリョルカ  ベラルーシ 1–0 2-1 2014 FIFAワールドカップ予選

主要大会出場歴[編集]

タイトル[編集]

オリンピック
男子競技サッカー
2000 男子競技サッカー

クラブ[編集]

スペインの旗 FCバルセロナ

代表[編集]

EURO 2012優勝杯をイケル・カシージャスと掲げるシャビ
スペインの旗 U-20スペイン代表
スペインの旗 U-23スペイン代表
スペインの旗 スペインA代表

個人[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ”究極の野望”を抱くシャビ”. UEFA.com (2009年9月22日). 2009年9月23日閲覧。
  2. ^ シャビがバルセロナと契約延長”. UEFA.com (2008年12月20日). 2010年12月9日閲覧。
  3. ^ Barcelona Star Lionel Messi Wins The Trofeo Alfredo Di Stefano”. Goal.com (2010年6月3日). 2010年6月15日閲覧。
  4. ^ “Xavi extends deal until 2016”. FC Barcelona. (2010年6月9日). http://www.fcbarcelona.com/web/english/noticies/futbol/temporada09-10/06/09/n100609111479.html 2010年6月27日閲覧。 
  5. ^ シャビとペドロ、バルサと契約延長”. UEFA.com (2010年6月9日). 2010年12月9日閲覧。
  6. ^ Lionel Messi, Xavi and Andrés Iniesta shortlisted for Ballon d'Or”. The Guardian (2010年12月6日). 2010年12月27日閲覧。
  7. ^ Korean dream lives on”. BBC Sport (2002年6月22日). 2010年12月27日閲覧。
  8. ^ Spain 5-1 Slovakia”. BBC Sport (2005年11月12日). 2010年12月27日閲覧。
  9. ^ 孤独な老将は夢を見る スペイン代表の終わりなき航海”. スポーツナビ (2008年5月31日). 2010年12月9日閲覧。
  10. ^ シャビMVP、優秀選手にアルシャビンら”. ニッカンスポーツ (2008年7月1日). 2010年12月9日閲覧。
  11. ^ Russia 0-3 Spain”. BBC Sport (2008年6月26日). 2010年12月27日閲覧。
  12. ^ a b c 2010 FIFA World Cup South Africa: Players – Passes”. FIFA.com (2010年7月11日). 2010年12月9日閲覧。
  13. ^ 2010 FIFA World Cup South Africa: Players - Distance covered”. FIFA.com (2010年7月11日). 2010年12月9日閲覧。
  14. ^ 2010 FIFA World Cup South Africa: Players - Top attacks”. FIFA.com (2010年7月11日). 2010年12月9日閲覧。
  15. ^ スペイン代表、チャビとビジャがそれぞれ記録達成Livedoorスポーツ 2011年3月26日
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u NHK『もっと知りたい!ミラクルボディー』「サッカーW杯・スペイン編~FIFAワールドカップ直前!優勝候補のスペイン」シャビとイニエスタ 2014年6月10日(火) 21:00~21:50 放送
  17. ^ チャビ・エルナンデス FCBarcelona.jp
  18. ^ シャビ jiji.jp
  19. ^ チャビ OCNスポーツ
  20. ^ シャビ Number Web
  21. ^ シャビ・エルナンデス Number Web
  22. ^ バルサMFシャビが挙式…メッシやイニエスタらが夫人とともに出席”. サッカーキング (2013年7月14日). 2013年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]