シティ・キャット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シティ・キャット

シティ・キャット (CityCat) は、オーストラリアクイーンズランド州の州都ブリスベンフェリーサービス。Balmoral(バルモラル)からCBD経由で、クイーンズランド大学セントルシア・キャンパスの間のブリスベン川を運航している。

フェリーからはストーリーブリッジやブリスベン都心部ビル街サウスバンク公園の景色を見ることが出来る。

略史[編集]

  • 1996年、運営開始(150人乗り, 6艘)
  • 1998年、2艘追加
  • 2005年、更に2艘の新しいデザインの船(乗客数:162人(12人増えた))が運航されて、第1世代の船は約18ヶ月の改修になった。改修された船は内装空間の拡大、12台の自転車の運搬スペース(以前は特になかった)、プラズマスクリーン、洗面施設の拡大、船前部のスペース、座席の改善が行われた。
  • 2008年、13台目となる新しい船Ya-wa-gara号が就航。これにより、平日ラッシュ時は6~15分間隔、土休日は概ね15分間隔で運航され最終時刻も繰り下がった。
  • 2010年2月、第3代目となる新しい船Kuluwin号が就航。これにより時刻表が改定され運航本数が増えたほか、朝の通勤時間帯には3本のエキスプレスがアポロ通り-リバーサイド間で運航されるようになった。

基本情報[編集]

  • 停泊所数:14カ所
  • 船種:カタマラン(双胴船
  • 所有者:ブリスベン市議会
  • デザイン:Grahame Parker Design
  • 造船:Brisbane Ship Constructions(第1世代)、Norman Wright and Son(第2世代)
  • 搭乗人数:150人(第1世代)、162人(第2世代)
  • 最高速度:26ノット(第1世代)、28ノット(第2世代)
  • エンジン:2基 x スカニア DSI II
  • 年間利用者数:288万人(2004年
  • WiFiサービス

船名[編集]

船名はブリスベンと近郊のアボリジニーの地名に因む。

括弧内は地名の今使われている英語名、運航開始年月

第1世代[編集]

  • Kurilpa (West End) - 1996年11月
  • Mirbarpa (Indooroopilly) - 1996年11月
  • Barrambin (Breakfast Creek) - 1996年11月
  • Tugulawa (Brisbane River at Bulimba) - 1996年11月
  • Mianjin (Gardens Point) - 1996年12月
  • Binkinba (New Farm) - 1996年12月
  • Mooroolbin (Hamilton Sandbank) - 1998年10月
  • Baneraba (Toowong) - 1998年12月

第2世代[編集]

第3世代[編集]

前世代までに比べ燃費の向上、排出ガスおよび騒音の削減がされている。

  • Kuluwin (Wooloowin) - 2010年2月

フェリー乗り場[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]