シェッド・セヴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シェッド・セヴン
Shed Seven
Shed Seven.jpg
基本情報
出身地 イギリスの旗 イギリスヨーク
ジャンル ロック
ブリットポップ
インディー・ロック
活動期間 1990年 - 2003年
2007年 -
レーベル ポリドール・レコード (1993–1999)
Artful Records (2001–2002)
Taste Media (2003)
公式サイト http://www.shedseven.com/
メンバー
リック・ウィッター
ポール・バンクス
トム・グラッドウィン
アラン・リーチ
ジョー・ジョンソン
旧メンバー
フレイザー・スミス

{{{Influences}}}

シェッド・セヴン(Shed Seven)は、イギリスヨーク出身のロックバンドである。

1990年に結成。ザ・スミスローリング・ストーンズなどの影響を受けたストレートなロックを特徴としており、ブリットポップの一角を担うバンドとして活躍した。2003年にいったん解散したが、2007年に再結成している。

来歴[編集]

1994年、メジャーレーベルのポリドール・レコードからシングル「マーク」でデビュー。デビュー時は同期のオアシスのライバルとも目されるなど期待は高く、1st『チェンジ・ギヴァー』は全英トップ20入りした。1996年発表の2nd『マキシマム・ハイ』はイギリス国内で25万枚を売り上げるヒットとなった。またこの年、バンドは6枚ものシングルを全英トップ30に送り込んだ。1998年発表の3rdアルバム『レット・イット・ライド』も全英トップテン入りを果たす。しかし、1999年にベストアルバム『ゴーイング・フォー・ゴールド』を発表後、バンドはポリドール・レコードを離れ、ギタリストのポール・バンクスも脱退。後任には、ポール加入前のギタリストだったジョー・ジョンソンとキーボード担当のフレイザー・スミスが加入。

2001年、インディーレーベルから4th『Truth Be Told』を発表するも、商業的には失敗に終わる。その後契約したレーベルからも、5枚目のアルバムのリリースを拒否されたことから、2003年に解散を発表。

解散後メンバーはそれぞれソロ活動を行っていたが、2007年に一回限りの再結成ツアーを敢行すると発表。ツアーはおおむねソールド・アウトとなり追加公演も出るほどの予想外の大成功を収めたことから、以降もライヴ活動を中心に活動を続けている。

ディスコグラフィー[編集]

  • 1994年 チェンジ・ギヴァー - 全英16位
  • 1996年 マキシマム・ハイ - 全英8位
  • 1998年 レット・イット・ライド - 全英9位
  • 1999年 ゴーイング・フォー・ゴールド (ベストアルバム) - 全英7位
  • 2001年 Truth Be Told - 全英42位
  • 2003年 Where Have You Been Tonight? Live (ライヴアルバム) - 全英112位
  • 2005年 ワン・ハンド・クラッピング (未発表の5thアルバムの音源集)
  • 2007年 Live at the BBC (ライヴアルバム)
  • 2008年 The Singles Collection (ベストアルバム)

豆知識[編集]

外部リンク[編集]