ザ・ダウンワード・スパイラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ザ・ダウンワード・スパイラル』(The Downward Spiral)は、ナイン・インチ・ネイルズ1994年3月に発表したセカンド・アルバムである。アメリカビルボード誌で初登場2位を記録し、現在に至るまでナイン・インチ・ネイルズの代表作と言われ続けている。

リリースはナッシング・レコードから、配給はインタースコープ・レコードが手がけている。

『ローリング・ストーン誌が選ぶオールタイム・ベストアルバム500』に於いて、201位にランクイン[1]

収録曲[編集]

以下にアメリカ盤(オリジナル)の収録曲を記載する。ヨーロッパ盤の収録曲も同様であるが、日本盤のみジョイ・ディヴィジョンのカヴァー"Dead souls"が10曲目に収録されている。

  1. Mr.self destruct
  2. Piggy
  3. Heresy
  4. March of the pigs
  5. Closer
  6. Ruiner
  7. The becoming
  8. I do not want this
  9. Big man with a gun
  10. A warm place
  11. Eraser
  12. Reptile
  13. The downward spiral
  14. Hurt

特徴[編集]

当時のトレント・レズナーの心理状態、1990年代のアメリカを取り巻く厭世観がはっきりと表れた作品である。当時のレズナーの心理状態としては1曲目のタイトルが「Mr.self destruct(ミスター自己破滅願望)」となっているように自己嫌悪、または"Eraser"と言うタイトル(あるいはその歌詞)で聴く事の出来るような疎外感がテーマとなっている。しかしその一方で"Closer"では他者とのコミュニケーション願望が表れているなど、矛盾や混沌に満ちた作品でもある。そうした自己の中に生まれた混乱は更に閉塞感までを生み出し、それ故に作品全体が大変に陰鬱な雰囲気で覆われている。

同じようなテーマを持った作品にピンク・フロイド1979年に発表した「ザ・ウォール」があり、その類似性についてはレズナー本人が「ザ・ウォール」からインスピレーションを受けて作成したと公言している。

制作にまつわるエピソード[編集]

  • 本作をレコーディングする際に、レズナーは家を借りている(「LE PIG Studio」と名付けた)。その家は1969年チャールズ・マンソンによって起こされた「シャロン・テート殺人事件」の現場となった家であった。レズナーは知らずに借りたという事だが、レコーディング終了後にこの家を手放している。
  • 本作からは"March of the pigs"、"Closer"がシングル・カットされ、両曲ともビデオ・クリップも作成された。"Closer"のビデオは作中に十字架に張り付けられたサルが出てくるシーンが問題となり、テレビではその部分はカットされている。また、その後に"eraser"、"hurt"の2曲のライブ映像がそのままビデオ・クリップとなった。
  • リリース後にツアーの一環で1994年に開催された『ウッドストック 1994』に出演した。メンバー全員が泥まみれになったまま行われたステージングは大きな話題となった。その模様を収めた海賊版ビデオも多数出回るが、中には日本の衛星放送を録画しただけの劣悪な物もあった。公式な作品としては"The only time"、"Sanctified"のパフォーマンスが、ビデオ作品集『Closure』に収録されるに留まった。

脚注[編集]

  1. ^ 500 Greatest Albums of All Time: Nine Inch Nails, 'The Downward Spiral' | Rolling Stone