サラン峠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サラン峠(サランとうげ Salang pass)は、アフガニスタンヒンドゥークシュ山脈にあるサラング峠とも表記される。標高4,000m級の山々が連なる合間を縫って道路が連なる。

概要[編集]

サラントンネル

首都カーブルの北、約100km。首都と北部の要衝マザーリシャリーフを結ぶ街道に位置する。数少ない交通路として、古くから往来が活発あったが、険しい地形のため冬期間はもちろん通常時でも自動車の通行は困難であった。

このため、1964年には、隣国であったソビエト連邦の支援により数本のトンネルが建設され、冬期間の通行も積雪や天候などの条件が良ければ可能となった。最高地に位置する全長約2,600mのサラントンネルの標高は3,363mで、世界最高地に設置されたトンネルとされている。皮肉なことに1980年代ソビエト軍はトンネルを通って首都へ侵攻した。

サラン峠をめぐる戦闘[編集]

雪崩災害[編集]

非常な急峻な地形ゆえ、道路は狭隘で線形は厳しく、交通事故や転落事故は絶えない。特に冬期間は、雪崩が多く発生し、死者がでることもある。

脚注[編集]

  1. ^ アフガニスタンの会
  2. ^ http://news.bbc.co.uk/2/hi/south_asia/2181503.stm Eyewitness: Crumbling Afghan lifeline(BBC 2002年)
  3. ^ “アフガニスタンで雪崩相次ぐ166人死亡”. 日本テレビ. (2010年2月11日). http://www.news24.jp/articles/2010/02/11/10153356.html 2011年2月9日閲覧。 

関連項目[編集]

  • サラントンネル火災英語版:1982年11月3日、トンネル内でソビエト連邦軍の車両が対向車と衝突して発生した火災。死傷者が極めて多数発生(数百人から数千人説も)するも、軍の情報統制のため詳細不明のまま。

外部リンク[編集]