サモアの国章

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サモアの国章
Coat of arms of Samoa.svg
詳細
使用者 サモアの旗 サモア
採用 1962年
モットー Fa'avae i le Atua Samoa
神がサモアにあらんことを

サモア国章(サモアのこくしょう)には国際連合に似た背景とオリーブキリスト教国の象徴として十字架が描かれている。1962年の独立に伴い制定された。国際連合のシンボルに似ているのは、サモア独立前に国連信託統治領として国連の信託統治を受けていたことによる。盾にはココヤシの木と南十字星が描かれている。 リボンにはサモア語で「Fa'avae i le Atua Samoa(神がサモアにあらんことを)」と記されている。

関連項目[編集]