サカシチ・アールパード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Flag of Hungary.svg この項目では、ハンガリー語圏の慣習に従い、名前を姓名順で表記していますが、印欧語族風にアールパード・サカシチと表記することもあります。

サカシチ・アールパードSzakasits Árpád, 1888年12月6日1965年5月3日)は、ハンガリー政治家。大統領、幹部会議長を務めた。

彼は1888年、オーストリア=ハンガリー帝国ブダペストで生まれた。10代の頃から労働運動に参加し、ハンガリー社会民主党に入党。ハンガリー評議会共和国で人民委員を務めるものの、王政復古後も国内に留まり全国建設労組の委員長などを歴任した。

戦後、社民党の主導権を掌握しハンガリー共産党との合同を推進、ハンガリー勤労者党の結党に大きな役割を果たした。1948年8月2日にハンガリー第二共和国の大統領に就任、翌1949年8月23日にハンガリー人民共和国への体制移行に伴って国民議会幹部会議長(国家元首)に就任した。だが1950年4月26日に解任されて投獄、1956年に釈放されハンガリー動乱を経てジャーナリスト協会会長などを務めた。

サカシチは40年来のエスペランティストで、エスペラント大会に参加し、また彼は1959年の世界エスペラント大会の国際後援者委員会の委員でもあった[1]

参考[編集]

  1. ^ Esperanto #716 (1965), p. 131
先代:
ティルディ・ゾルターン
ハンガリー大統領
1948年 - 1949年
次代:
(廃止)
先代:
(新設)
ハンガリー国民議会幹部会議長
1949年 - 1950年
次代:
ローナイ・シャーンドル