コロンビアーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コロンビアーナ
Colombiana
監督 オリヴィエ・メガトン
脚本 リュック・ベッソン
ロバート・マーク・ケイメン
製作 リュック・ベッソン
アリエル・ゼトゥン
出演者 ゾーイ・サルダナ
マイケル・ヴァルタン
クリフ・カーティス
レニー・ジェームズ
カラム・ブルー
ジョルディ・モリャ
音楽 ナサニエル・メカリー
撮影 ロマン・ラクールバ
編集 カミーユ・ドゥラマーレ
製作会社 Stage 6 Films
ヨーロッパ・コープ
Canal+
配給 フランスの旗 ヨーロッパ・コープ
アメリカ合衆国の旗 トライスター・ピクチャーズ
日本の旗 ショウゲート
公開 フランスの旗 2011年7月27日
アメリカ合衆国の旗 2011年8月26日
日本の旗 2012年9月1日
上映時間 108分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
フランスの旗 フランス
言語 英語
スペイン語
製作費 $40,000,000[2][3]
興行収入 $60,965,854[3]
テンプレートを表示

コロンビアーナ』(Colombiana)は、リュック・ベッソン製作・脚本、オリヴィエ・メガトン監督、ゾーイ・サルダナ主演による2011年フランスアメリカ合衆国アクション映画である[4]

ストーリー[編集]

1992年、コロンビアボゴタで両親を殺された少女カトレアが15年後、殺し屋となり、仇討ちの機会を伺う。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
カトレア・レストレポ ゾーイ・サルダナ 東條加那子
マルコ ジョルディ・モリャ 田中一永
ジェームズ・ロス レニー・ジェームズ 板取政明
幼少期のカトレア アマンドラ・ステンバーグ英語版 幸田夢波
ダニー・デラネイ マイケル・ヴァルタン 宮本淳
エミリオ・レストレポ クリフ・カーティス 江藤博樹

製作[編集]

撮影は2010年8月20日より始まり、シカゴ、ニューオーリンズ、メキシコなどで行われた[5]。製作はリュック・ベッソンの会社であるヨーロッパ・コープが行い、脚本はベッソンとロバート・マーク・ケイメンが執筆した[6][7]

評価[編集]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは90件のレビューで支持率は27%となった[8]

興行収入[編集]

北アメリカでは公開初週末3日間で1040万8176ドルを売り上げ、公開3週目となる『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(1453万6118ドル)に次いで初登場2位となった[9]

参考文献[編集]

  1. ^ Colombiana (15)”. British Board of Film Classification (2011年8月31日). 2011年9月1日閲覧。
  2. ^ "EuropaCorp sets 'Colombiana'". Variety. Retrieved 26 August 2011.
  3. ^ a b Colombiana (2011)”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2011年9月1日閲覧。
  4. ^ Mintzer, Jordan (2011年7月26日). “Colombiana: Film Review”. Hollywood Reporter. 2011年8月19日閲覧。
  5. ^ "Louisiana Productions as of August 2010". Retrieved 24 May 2011.
  6. ^ "Michael Vartan Joins Zoe Saldana in Colombiana". ComingSoon.net. Retrieved 24 May 2011.
  7. ^ "Zoe Saldana Wants Revenge in Colombiana". Cinematical.com. Retrieved 24 May 2011.
  8. ^ Colombiana”. Rotten Tomatoes. 2012年10月2日閲覧。
  9. ^ Weekend Box Office Results for August 26–28, 2011 – Box Office Mojo”. Box Office Mojo. IMDB.com. 2011年9月1日閲覧。

外部リンク[編集]