コメツガ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コメツガ
Tsuga-diversifolia.JPG
コメツガ
保全状況評価[1]
LOWER RISK - Least Concern
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
Status iucn2.3 LC.svg
分類新エングラー体系
: 植物界 Plantae
: 裸子植物門 Gymnospermae
: マツ綱 Coniferopsida
: マツ目 Coniferae
: マツ科 Pinaceae
: ツガ属 Tsuga
: コメツガ T. diversifolia
学名
Tsuga diversifolia (Maxim.) Mast.[1][2]
和名
コメツガ
英名
Northern Japanese Hemlock[1]

コメツガ(米栂、学名Tsuga diversifolia)は、マツ科ツガ属の常緑針葉樹。日本の固有種[1]

和名は「葉が小さいツガ」の意味。「アメリカ産のツガ」を意味するベイツガ(米栂、アメリカツガカナダツガなどの総称)とは別種である。

特徴[編集]

本州青森八甲田山)から紀伊半島(大峰・大台ヶ原)、 四国石鎚山剣山)、九州祖母山)までの、冷温帯上部から亜高山帯にかけての山岳地帯に分布する。特に亜高山帯の下部では純林状に密生することが多い。ツガと酷似するが、自生する高度の違いと葉がやや小さい点で識別できる(ツガははるかに温暖地を好み、照葉樹林から落葉広葉樹林の間の中間温帯林に分布の中心があるため、コメツガと混生することはない)。

高さは20mから、大きいものでは30mにも達する場合がある。樹皮は灰褐色で亀甲状にはがれ、トウヒ属とやや似ている。一方、葉はモミ属と似ている(ただし葉の付き方がモミ属とは異なる)。球果は長さ1.5-2.5cmほどと小型で、枝先にやや下を向いてぶら下がる。

コメツガの純林(奥秩父山塊山梨県、2001年9月) 
コメツガの葉(長野県上高地、2006年10月) 
コメツガの葉と幹 

保全状況評価[編集]

LOWER RISK - Least Concern (IUCN Red List Ver. 2.3 (1994))[1]

Status iucn2.3 LC.svg

IUCNレッドリストでは、1998年版で軽度懸念に評価されたが、更新が必要とされている[1]

脚注[編集]