コウライギギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コウライギギ
Косатка-скрипун в аквариуме ф6.JPG
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: ナマズ目 Siluriformes
: ギギ科 Bagridae
: ギバチ属 Pelteobagrus
: コウライギギ P. fulvidraco
学名
Pseudobagrus fulvidraco
(Richardson, 1846)
和名
コウライギギ

コウライギギ(高麗義義、学名:Pseudobagrus fulvidraco、英語:Korean bullhead)は、ナマズ目ギギ科中国では華南を中心に食用にされる。

名称[編集]

学名シノニムに下記がある。

  • Macrones fulvidraco Richardson, 1846
  • Pelteobagrus fulvidraco Richardson, 1846
  • Pimelodus fulvidraco Richardson, 1846
  • Pseudobagrus fulvidraco Richardson, 1846
  • Bagrus calvarius Basilewsky, 1855
  • Silurus calvarius Basilewsky, 1855
  • Pseudobagrus intermedius Pan, 1960
  • Pelteobagrus fulvidraco Jayaram, 1968

中国語の標準名は「黄顙魚 huángsǎngyú」、朝鮮語では、「トンジャゲ 동자개」という。英語で「yellow carfish」などと呼ばれることもある。

形態[編集]

日本で一般的なギギと同属であるが、体色が全体的に緑灰色で、腹など一部が淡黄色を帯びてまだら模様となっているので区別できる。全長 10cmから20cm、最大30cm[1]程度で、体高との比率は平均3.8倍程度と細長く、背鰭の付け根周辺が高くなっている。尾びれは2叉しており、背びれは2つあり、第一背びれに1棘7軟条、尻びれに19~20軟条、腹びれに5軟条を持つ。触鬚(口ひげ)が上顎、下顎に各1対、合計4本ある。鱗はなく、側線は明瞭。

生態[編集]

約8cmで性成熟し4月から6月に産卵、エビ類、底生小型魚類を餌として補食する[2]

分布[編集]

シベリア西部アムール川朝鮮半島と中国の黒竜江遼河黄河長江閩江珠江の各流域[3]および海南島香港に分布する[4]長江流域や、広東省などで養殖されている。 日本には観賞用として輸入されたものが放流され、2011年の調査で霞ヶ浦水系での定着した可能性が高い事が報告されている[2]

利用[編集]

小振りであるために、中華料理では煮て食べるのが普通である。白身で、くせはなく、鱗もないため、調理しやすい。四川料理では、「黄臘丁(ホワンラーディン huánglàdīng)」の名で、漬け物と共に酸味のあるスープとしたり、豆腐などと共にスープや鍋料理の材料とすることが多い。安徽料理淮揚料理では、「昂刺魚(アンツーユー)」の名で、スープにしたり、砂糖醤油で煮付けにもされることが多い。順徳料理では、「黄骨魚(ウォンクワッユー)」の名でトウチ蒸しや土鍋焼きなどにもされる。

脚注[編集]

  1. ^ 内水面ニュース H24.11.15 (PDF) 茨城県水産試験場内水面支場
  2. ^ a b 霞ケ浦における外来種コウライギギ(ナマズ目ギギ科)の採集記録と定着のおそれ 魚類学雑誌 Vol.59 (2012) No.2 p.141-146
  3. ^ 李思忠,『中国淡水魚的分布区画』,pp220-221,1981,科学出版社,北京
  4. ^ 『広東淡水魚類志』p299

参考文献[編集]

  • 中国水産科学研究院珠江水産研究所 他編,『広東淡水魚類志』,広東科技出版社,1991,広州

関連項目[編集]

外部リンク[編集]