ケープ・コースト城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケープ・コースト城

ケープ・コースト城(英文表記: Cape Coast Castle)は、ガーナにある要塞。最初にこの場所へ建設された木造の建造物は、スウェーデン・アフリカ会社のために1653年に建てられ、スウェーデンカール10世にちなんでカロルスボル (Carolusborg) と名付けられた。後に建物は石を用いて復元された。

1663年4月、スウェーデン領ゴールド・コースト全体はデンマーク人により奪い取られ、デンマーク領ゴールド・コーストに統合された。1664年、城はイングランド人により征服され、18世紀後半に貿易商人委員会 (Committee of Merchants) によって大規模な債権が行われた。この委員会の委員長は、当時イギリスの植民地全体の管理を行っていた。1844年、城はイギリス領ゴールド・コーストの植民政府の中心地となったのである。

城は木材と金の貿易を目的として建設され、その後大西洋間奴隷貿易に使用された。城及びその地下牢はイギリス公共事業局により、1920年代に最初の修復が行われた。ガーナが独立した後の1957年、ガーナ美術館・芸術評議会(Ghana Museums and Monuments Board、略称GMMB)の管理下に置かれていた。1990年代初頭、建物はガーナ政府により再度修復が施された。この際に国際連合開発計画 (UNDP) 、アメリカ合衆国国際開発庁 (USAID) 、スミソニアン博物館、そして各NGO団体からの資金援助を受けている。

1979年にはユネスコ世界遺産ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群」の一つとして登録されている。

ケープ・コースト城に訪問したアメリカバラク・オバマ大統領の妻ミシェル・オバマは黒人奴隷の子孫であるために、現地民から「ケープ・コーストの女王」と呼ばれた。

参考[編集]

  • Brempung Osei-Tutu, African American reactions to the restoration of Ghana's 'slave castles'. Public Archaeology 3/4, 2004, 195-204. ISSN 1465-5187.
  • WorldStatesmen- Ghana

座標: 北緯5度06分12秒 西経1度14分33秒 / 北緯5.10333度 西経1.24250度 / 5.10333; -1.24250