クロード・エルフェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クロード・エルフェClaude Helffer, 1922年6月18日 - 2004年10月27日)は現代音楽の擁護者としてとりわけ有名なフランスピアニスト

経歴[編集]

1922年6月18日パリ生まれ。ヴァイオリニストだった母親の影響より、5歳でピアノを始め、10歳から第二次世界大戦の勃発までロベール・カサドシュに師事した。戦時中はレジスタンス運動に身を投じ、少数精鋭、グラン・ゼコールのひとつ、エコール・ポリテクニークに進学した。戦後にルネ・レイボヴィッツに音楽理論と作曲を師事。1948年にパリでデビューし、1954年から定期的にドメーヌ・ミュジカルの演奏会に出演した。

数多くの新作を初演し、著名な作品を献呈された。ピエール・ブーレーズエルネスト・ブールミヒャエル・ギーレン、ルネ・レイボヴィッツ、ブルーノ・マデルナネヴィル・マリナージャン・マルティノンウィレム・ヴァン・オッテルロージョルジュ・プレートルヘルマン・シェルヘンらといった指揮者と共演している。シェーンベルクのピアノ曲全集(グランプリ・デュ・ディスク大賞受賞)や、ドビュッシーラヴェルのピアノ独奏曲全集、ブーレーズやベルクバラケ、ベートーヴェンのピアノ・ソナタといった録音を残した。

晩年世界中でマスタークラスを主宰したが、とりわけ1985年から1998年までのザルツブルク夏期講習会や、サントル・アカント現代音楽講習会シュトゥットガルト音楽大学で名高く、当時の後続の若手作曲家達にも創作への自信と影響を与える。

2004年10月27日パリ16区の自宅にて他界。82歳。

献呈作品[編集]

ディスコグラフィ[編集]

CDの音源のみに限定する.

  • ジャン・バラケ: ピアノ・ソナタ  アストレー
  • バルトーク:《戸外にて》《ピアノ・ソナタ》《ルーマニア民俗舞曲集》《組曲 作品14》《即興曲集 作品20》  ハルモニア・ムンディ・フランス
  • バルトーク:ミクロコスモス  ハルモニア・ムンディ・フランス
  • ブーレーズ:3つのピアノ・ソナタ  アストレー
  • ドビュッシー:ピアノ独奏曲全集  ハルモニア・ムンディ・フランス
  • ミヨー: ピアノ協奏曲(第1番、第4番)、エクスの謝肉祭、練習曲、バラード  エラート
  • モーリス・ラヴェル :ピアノ独奏曲全集  ハルモニア・ムンディ・フランス
  • シェーンベルク: ピアノ独奏曲全集  ハルモニア・ムンディ・フランス(旧録音)
  • シェーンベルク: ピアノ独奏曲全集  ピアノヴォックス (新録音)
  • クセナキス:室内楽曲集(アルディッティ四重奏団との共演)  アストレー=オーヴィディス
  • バルトーク:ピアノ協奏曲第3番 

評伝[編集]

  • Albèra, Philippe, Entretiens avec Claude Helffer, 1995 (Editions Contrechamps)
  • Helffer, Claude and Michaud-Pradeilles, Catherine, Le Piano, 1997 (Presses universitaires de France: Que sais-je?)
  • Helffer, Claude, Quinze analyses musicales, de Bach à Manoury, 2000 (Editions Contrechamps)
  • Claude Helffer: La musique sur le bout des doigts: Entretien avec Bruno Serrou, 2005 (Michel de Maule/Institut national de l'audiovisuel, with DVD-rom)

外部リンク[編集]