クルマンベク・バキエフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クルマンベク・バキエフ
Курманбек Салиевич Бакиев
President of Kyrgyzstan, Kurmanbek Bakiyev.jpg

任期 2005年3月25日2010年4月15日

任期 2000年12月21日2002年5月22日
元首 アスカル・アカエフ大統領

任期 2005年3月25日2005年6月20日
任期 2005年7月10日2005年8月15日
元首 クルマンベク・バキエフ大統領

出生 1949年8月1日(65歳)
Flag of Kazakh SSR.svg カザフ共和国、マサダン
政党 アク・ジョル党

クルマンベク・バキエフバキーエフとも。キルギス語:Курманбек Салиевич Бакиев,1949年8月1日-)は、キルギスの政治家。大統領(第2代)、首相(第7代)などを歴任。

プロフィール[編集]

  • 1972年、電気工学専攻で、クイブイシェフ工業大学を卒業。軍除隊後、クイブイシェフで電気工、後に電気技師として働いた。キルギスタンに戻り、ジャラル・アバドで技師として出世し、1985年、コク・ヤンガク市の「プロフィール」工場長となった。
  • 1990年-1991年、共産党市委員会第一書記、コク・ヤンガル市会議議長。1991年-1991年、ジャラル・アバド州人民代議員会議副議長。
  • 1992年-1994年、トグス・トロウス地区行政府を率いる。1994年-1995年、キルギス共和国国有財産基金副総裁。1995年-1997年、ジャラル・アバド州国家行政府第一副長官、長官。1997年-2000年、チュイ州国家行政府長官、チュイ州知事。
  • 2000年12月から2002年5月22日まで、キルギス首相だった。5人が死亡し、80人が負傷したジャラル・アバド州での暴動後、解任された。
  • 2002年10月、バキエフは、議員に選出された。2003年2月、中道代議員グループ「キルギスタンの地域」に加わった。2004年から、キルギスタン人民運動を率いている。
  • 2005年3月、「チューリップ革命」でアスカル・アカエフが国外逃亡したことを受けてキルギス共和国大統領代行、首相に指名される。
  • 2005年7月、キルギス大統領選挙で圧勝し、大統領に就任する。
  • 2007年10月、「輝く道」(アク・ジョル)党執行委員会議長に選出(大統領在職により党籍は停止)
  • 2010年4月、バキエフ大統領の退陣を求めるデモ隊に対して警官隊が発砲し、首都ビシュケクは騒乱状態に。各メディアはバキエフがビシュケクから脱出し、元外相のローザ・オトゥンバエヴァが自らを代表とする暫定政府が発足したと宣言。政権が事実上崩壊したのちも大統領の辞任は拒否していたが、4月15日にキルギスから脱出し、事実上ベラルーシへ亡命。辞表に署名したとも伝えられる。詳しくは2010年キルギス騒乱を参照。

パーソナル[編集]

ジャラル・アバド州スザク地区マサダン村出身。7人兄弟の長男。兄弟の中では、4男のジャヌィベクが国家警護庁長官、少将、5男のマラートが駐独大使。妻帯、2児を有する。息子のマラートは、国家保安庁の課長、中佐。次男のマクシムは2009年から政権中枢入りし、一時は父親の後継者と目された。2010年にイギリス亡命を求めるものの、2012年ロンドン市内で逮捕されている[1]

出典[編集]

  1. ^ “チューリップ革命の旗手の息子が逮捕 汚職まみれの「王子」の結末は”. 産経ニュース (MSN). (2012年10月27日). http://sankei.jp.msn.com/world/news/121027/erp12102707010000-n1.htm 2012年11月25日閲覧。 

関連項目[編集]

公職
先代:
イシェンバイ・カドイルベコフ
(代行)
キルギスの旗 キルギス共和国大統領
2010年4月7日に事実上政権崩壊
第2代:2005 - 2010
次代:
ローザ・オトゥンバエヴァ
(暫定政府代表)
先代:
アマンゲリドゥイ・ムラリエフ
キルギスの旗 キルギス共和国首相
第7代:2000 - 2002
次代:
ニコライ・タナーエフ
先代:
ニコライ・タナーエフ
キルギスの旗 キルギス共和国首相
(代行)2005
次代:
Medetbek Kerimkulov (en)
(代行)
先代:
Medetbek Kerimkulov (en)
(代行)
キルギスの旗 キルギス共和国首相
(代行)2005
次代:
フェリックス・クロフ