クリスティアン1世 (ザクセン選帝侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クリスティアン1世

クリスティアン1世Christian I., 1560年10月29日 - 1591年9月25日)は、ザクセン選帝侯(在位:1586年 - 1591年)。ザクセン選帝侯アウグストと妃でデンマークノルウェークリスチャン3世の王女アンナの間に第8子としてドレスデンで生まれた。

1586年に父が歿すると、兄が全て早世していたため選帝侯位に即いた。

クリスティアン1世は自らの教師であったニコラウス・クレルNikolaus Krell)を宰相に任じたが、ザクセンはルター派が主流であったが彼はカルヴァン派であったこと、ザクセンの従来の外交政策を変更してポーランドジグムント3世フランスアンリ4世寄りの政策を採ったことなどから保守派の反発を買い、クレルはクリスティアン1世の歿後投獄・処刑された。

1591年9月25日、ドレスデンで死去し、長男のクリスティアン2世が選帝侯位を嗣いだ。遺体はフライベルク大聖堂に葬られた。

子女[編集]

1582年4月25日ブランデンブルク選帝侯ヨハン・ゲオルクの娘ゾフィー(1568年 - 1622年)と結婚し、彼女との間に以下の3男4女をもうけた。

先代:
アウグスト
ザクセン選帝侯
1586年 - 1591年
次代:
クリスティアン2世