クライブ・ラッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クライブ・ラッシュ
Clive Rush
生年月日 1931年2月14日
生誕地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国オハイオ州De Graff
没年月日 1980年8月22日(満49歳没)
死没地 オハイオ州ロンドン
ポジション エンド
大学 マイアミ大学
レギュラーシーズン: 5勝16敗
キャリアレコード:     5勝16敗
選手成績 Pro Football Reference
選手成績 DatabaseFootball
コーチ成績 Pro Football Reference
コーチ成績 DatabaseFootball
所属チーム(選手)
1953 グリーンベイ・パッカーズ
所属チーム(コーチ/管理職)
1954
1955-1957, 1959
1958
1960-1962
1963-1968
1969-1970
1971
1976
デイトン大学 (AC)
オハイオ州立大学 (AC)
オクラホマ大学
トレド大学
ニューヨーク・ジェッツ (AC)
ボストン・ペイトリオッツ
ワシントン・レッドスキンズ (AC)
アメリカ商船アカデミー

クライブ・ラッシュ(Clive Rush 1931年2月14日-1980年8月22日)はアメリカンフットボール指導者。1969年、1970年とボストン・ペイトリオッツのヘッドコーチとして知られている。

マイアミ大学を卒業後、1953年の1シーズンだけNFLグリーンベイ・パッカーズでプレーした。その後デイトン大学Hugh Devoreオハイオ州立大学[1]ウッディ・ヘイズオクラホマ大学バド・ウィルキンソンの元でコーチとして修行を積んだ。1960年にトレド大学のヘッドコーチに就任したが3シーズン連続で負け越しに終わった。

1963年にAFLニューヨーク・ジェッツのアシスタントコーチとなり、ジョー・ネイマスに率いられるハイパーオフェンスを作り上げた。チームは1969年1月12日の第3回スーパーボウルボルチモア・コルツを破る番狂わせを演じた。スーパーボウルの18日後、彼はボストン・ペイトリオッツのヘッドコーチに就任した。ペイトリオッツのヘッドコーチとして彼は酔っぱらったままチームの指揮を執り、黒人の守備選手が11人在籍していなかったにも関わらず、オフェンス選手のコンバートなどで守備選手11人全てが黒人というブラック・パワー・ディフェンス(Black Power Defense)を導入した[2][3]が、21試合中5勝しかあげることができなかった。1970年11月1日、チームが6連敗を喫したバッファロー・ビルズ戦の途中、彼は不整脈でスタジアムを後にしたがこの試合でチームは10-45と敗れた。2日後彼は健康上の理由でヘッドコーチを辞任、再びフットボールコーチに就任することはないと発表した。

しかし1971年3月、ワシントン・レッドスキンズのヘッドコーチ、ジョージ・アレンのアシスタントコーチに就任、その6週間後には辞任し5年間アメリカンフットボールから離れた生活を送った。

1976年にアメリカ商船アカデミー(United States Merchant Marine Academy)のヘッドコーチに就任、8勝1敗と好成績をあげていたが選手たちからの不満を理由に同年11月23日解任された。

その後彼はオハイオ州スプリングフィールドで自動車ディーラーを行った。

1980年、彼はオハイオ州ロンドンの自宅で心臓発作を起こし病院に運ばれたがそこで亡くなった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ALL-TIME ASSISTANT COACHES ROSTER”. オハイオ州立大学. 2010年7月30日閲覧。
  2. ^ Special Teams”. ニューヨーク・タイムズ (2007年11月11日). 2010年7月30日閲覧。
  3. ^ パッツの歴史その4-最悪のHC-” (2009年7月9日). 2010年7月30日閲覧。
先代:
マイク・ホロバック
ボストン・ペイトリオッツヘッドコーチ
1969-1970
次代:
ジョン・メーザー

外部リンク[編集]