ギャソーン・ギャソーン=ハーディ (初代クランブルック伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イギリスの旗 イギリスの政治家
初代クランブルック伯爵
ギャソーン・ギャソーン=ハーディ
Gathorne Gathorne-Hardy
1st Earl of Cranbrook
1st Earl of Cranbrook.jpg
生年月日 1814年10月1日
出生地 イギリスの旗 イギリス イングランドヨークシャーブラッドフォード
没年月日 1906年10月30日 (満92歳没)
死没地 イギリスの旗 イギリス イングランド・ケントヘムステッド・パーク
出身校 オックスフォード大学オリオル・カレッジ
所属政党 保守党
称号 初代クランブルック伯爵英語版インドの星勲章英語版ナイト・グランド・コマンダー(GCSI)、枢密顧問官(PC)
親族 第2代クランブルック伯爵英語版(長男)
アルフレッド英語版(三男)

内閣 第三次ダービー伯爵内閣第一次ディズレーリ内閣
任期 1867年5月17日 - 1868年12月3日[1]

内閣 第二次ディズレーリ内閣
第一次ソールズベリー侯爵内閣
任期 1874年2月21日 - 1878年4月[2]
1886年1月21日 - 1886年2月6日

内閣 第二次ディズレーリ内閣
任期 1878年3月30日 - 1880年4月18日[3]

イギリスの旗 庶民院議員
選挙区 レオミンスター選挙区英語版
オックスフォード大学選挙区英語版[4]
任期 1856年2月19日 - 1865年7月11日
1865年7月11日 - 1878年5月4日[4]

イギリスの旗 貴族院議員
任期 1878年 - 1906年[4]
テンプレートを表示

初代クランブルック伯爵、ギャソーン・ギャソーン=ハーディ英語: Gathorne Gathorne-Hardy, 1st Earl of Cranbrook, GCSI, PC1814年10月1日 - 1906年10月30日)は、イギリスの政治家、貴族。

ヴィクトリア朝保守党政権下で閣僚職を歴任した。

経歴[編集]

1872年4月20日の『バニティ・フェア』誌に描かれたハーディ。

1814年10月1日ロー・ムーア製鉄所英語版の所有者ジョン・ハーディ英語版とその妻イザベル(旧姓ギャソーン)の間の三男としてイングランドヨークシャーブラッドフォードに生まれる[5][6]

シュルーズベリー校を経てオックスフォード大学オリオル・カレッジへ進学。1836年バチェラー・オブ・アーツ英語版(BA)の学位を取得した(のちにマスター・オブ・アーツ英語版(MA)の学位も取得)[5][6]。さらにインナー・テンプルに入学して弁護士資格を取得し、北部巡回裁判英語版に加わった[5][6]

1855年の父の死去後、政治活動に専念する[6]1856年から1865年にかけてレオミンスター選挙区英語版選出の保守党所属庶民院議員を務めた。ついで1865年から1878年までオックスフォード大学選挙区英語版から選出された<[5][6]

1858年2月から1859年6月にかけて第二次ダービー伯爵内閣の副内務大臣英語版を務めた[6]

1866年7月から第三次ダービー伯爵内閣救貧法委員会委員長英語版に就任。1867年5月に内務大臣スペンサー・ホレーショ・ウォルポールハイド・パークでの暴動を機に内務大臣職を辞すると、代わって内務大臣英語版に転任した。財相・庶民院院内総務ベンジャミン・ディズレーリが中心となって行った選挙法改正英語版を補佐。以降ディズレーリの支持者となる。第一次ディズレーリ内閣でも同職に留任[6]

1874年2月に第二次ディズレーリ内閣が成立すると陸軍大臣英語版として入閣。1876年から1878年にかけて東方問題露土戦争が発生する中、ディズレーリの親トルコ政策を補佐した[6]

1876年8月にディズレーリが貴族院へ移籍し、代わってサー・スタッフォード・ノースコート准男爵が庶民院院内総務に就任したが、ハーディは彼との折り合いが悪かった[6]

1878年3月にはインド担当大臣ソールズベリー侯爵が外務大臣に転任したのに伴い、インド担当大臣英語版に就任し、内閣が終わる1880年4月まで在職した[6]。1878年5月にはハーディとノースコートの対立回避のため、クランブルック子爵に叙せられ、貴族院へ移された[6]。同月、勅許を得て名前をギャソーン・ギャソーン=ハーディに変更した[5]

1885年6月から1886年2月にかけての第一次ソールズベリー侯爵内閣には枢密院議長英語版や陸軍大臣として入閣した[5]

1886年8月に第二次ソールズベリー侯爵内閣が発足すると、はじめランカスター公領担当大臣英語版、ついで枢密院議長に就任し、内閣が終わる1892年8月まで務めた。同月にクランブルック伯爵に叙せられる[5]

1895年に政界引退した[6]1906年10月30日ケントのヘムステッド・パークで死去[5]

栄典[編集]

爵位[編集]

勲章[編集]

名誉職その他[編集]

家族[編集]

1838年にジェーン・オアと結婚し、彼女との間にクランブルック伯爵位を継承する長男ジョン・ギャソーン=ハーディ英語版や庶民院議員となる三男アルフレッド・ギャソーン=ハーディ英語版など5子を儲けた[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 秦(2001) p.509
  2. ^ 秦(2001) p.510
  3. ^ 秦(2001) p.511
  4. ^ a b c UK Parliament. “Mr Gathorne Hardy” (英語). HANSARD 1803–2005. 2014年6月10日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Lundy, Darryl. “Gathorne Gathorne-Hardy, 1st Earl of Cranbrook” (英語). thepeerage.com. 2014年6月10日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l DNB, 1912 supplement

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

公職
先代:
ウィリアム・ナサニエル・マッセー英語版
副内務大臣英語版
1858年1859年
次代:
ジョージ・クライブ英語版
先代:
チャールズ・ペラム・ヴィリアーズ英語版
救貧法委員会委員長英語版
1866年1867年
次代:
第11代デヴォン伯爵英語版
先代:
スペンサー・ホレーショ・ウォルポール
内務大臣英語版
1867年1868年
次代:
ヘンリー・ブルース
先代:
エドワード・カードウェル
陸軍大臣英語版
1874年1878年
次代:
フレデリック・スタンリー
先代:
第3代ソールズベリー侯爵
インド担当大臣英語版
1878年1880年
次代:
ハーティントン侯爵
先代:
初代カーリングフォード男爵
枢密院議長英語版
1885年1886年
次代:
第5代スペンサー伯爵
先代:
ウィリアム・ヘンリー・スミス
陸軍大臣
1886年
次代:
ヘンリー・キャンベル=バナマン
先代:
サー・アーグトレッド・ケイ=シャトルワース准男爵英語版
ランカスター公領担当大臣英語版
1886年
次代:
ジョン・マナーズ卿
先代:
第5代スペンサー伯爵
枢密院議長
1886年1892年
次代:
初代キンバリー伯爵
議会
先代:
ジョージ・アークライト英語版
ジョン・ジョージ・フィリモア英語版
レオミンスター選挙区英語版選出庶民院議員
1856年1865年
同一選挙区同時当選者
ジョン・ジョージ・フィリモア英語版(1856–1857)
ジョン・ポーランド・ウィラビー(1857–1858)
チャールズ・キンケイド=レノックス英語版(1858–1865)
次代:
アーサー・ウォルシュ英語版
リチャード・アークライト英語版
先代:
ウィリアム・グラッドストン
サー・ウィリアム・ヒースコート准男爵英語版
オックスフォード大学選挙区英語版選出庶民院議員
1865年1878年
同一選挙区同時当選者
サー・ウィリアム・ヒースコート准男爵英語版(1865–1868)
ジョン・ロバート・モウブレー英語版(1868–1878)
次代:
ジョン・ロバート・モウブレー英語版
ジョン・ギルバート・タルボット英語版
イギリスの爵位
新設 初代クランブルック伯爵英語版
1892年1906年
次代:
ジョン・ギャソーン=ハーディ英語版
新設 初代クランブルック子爵
1878年1906年