キラーコンドーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キラーコンドーム
Kondom des Grauens
監督 マルティン・ヴァルツ
脚本 ラルフ・ケーニッヒ
マルティン・ヴァルツ
製作 エルヴィン・C・ディートリヒ
ラルフ・S・ディートリヒ
ハラルト・ライヒェブナー
出演者 ウド・ザメール
ペーター・ローマイヤー
マルク・リヒター
レオナルド・ランシンク
イリス・バーベン
音楽 エミール・ヴィクリツキー
撮影 アレクサンダー・ホーニッシュ
編集 シモーヌ・クリアー
配給 アメリカ合衆国の旗 トロマ・エンターテインメント
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 ドイツの旗 1996年8月29日
日本の旗 1999年1月30日
アメリカ合衆国の旗 1999年5月4日
上映時間 107分
製作国 ドイツの旗 ドイツ
言語 ドイツ語
テンプレートを表示

キラーコンドーム』(英:Killer Condom、独原題:Kondom des Grauens)は1996年ドイツホラーコメディー映画。ラルフ・ケーニッヒの同名コミックの映画化。マルティン・ヴァルツ監督作品。特撮にユルグ・ブットゲライトクリーチャー・デザインにH・R・ギーガーを起用。


あらすじ[編集]

ニューヨーク。32cmの巨根を持つゲイ刑事ルイージ・マカロニ(ザメール)は、コンドームペニスを食うという奇妙な事件の調査のためにホテルへ向かう。ホテルでは以前に関係を持った男性ボブ(レオナルド)に付け回されるが、そこで若い美形の男娼ビリー(マルク)と出会い、意気投合。しかし、部屋に入って事に及ぼうと服を脱いだところ、問題のコンドームに片方の睾丸を食いちぎられてしまう。

睾丸の仇をとるために「キラーコンドーム」捜しに執念をかけるマカロニ。ある日彼が自宅で入浴していたところ、突然ボブが包丁を持って乱入し、復縁を迫ってくる。ボブのバッグにキラーコンドームが忍んでいたことを見抜いたマカロニは、性器に見せかけたガス管を食わせてガスを送り込み、コンドームを破裂させた。死骸を検死にかけたところ、キラーコンドームは人工生物だと判明する。

キラーコンドーム製造の黒幕はマカロニが一時入院していた病院の女医で、姦淫を戒める聖書の記述を盲信しての犯行であった。院内教会の地下にある秘密のコンドーム工房に乗り込んだマカロニは、女医、そして巨大キラーコンドームとの激戦を繰り広げる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:マルティン・ヴァルツ
  • 原作・脚本:ラルフ・ケーニッヒ
  • キャラクター・デザイン:H・R・ギーガー
  • 漫画:神田森莉

外部リンク[編集]