カール・エーベルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・ヨーゼフ・エーベルト
人物情報
生誕 1835年9月21日
バイエルン王国 ヴュルツブルク
死没 1926年12月2日(満91歳没)
ベルリン
居住 ドイツの旗 ドイツ帝国
国籍 ドイツの旗 ドイツ帝国
出身校 ヴュルツブルク大学
学問
研究分野 解剖学病理学
主な業績 チフス菌の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

カール・ヨーゼフ・エーベルト(Karl Joseph Eberth, 1835年9月21日 - 1926年12月2日)はドイツ解剖学者病理学者

経歴[編集]

1835年にヴュルツブルクにて出生。ヴュルツブルク大学医学部を卒業後、スイスチューリッヒ大学准教授に就任、1869年教授になった。1874年には同大学獣医科大学の教授に就任。

1880年腸チフスの研究で一部の臓器に同一の菌を発見し翌年に腸チフス病原菌を発表した。同年ハレ=ヴィッテンベルク大学教授、1911年に同大学名誉教授に就任。