カリム・アラミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリム・アラミ Tennis pictogram.svg
Alami.jpg
カリム・アラミ
基本情報
ラテン文字名 Karim Alami
国籍 モロッコの旗 モロッコ
出身地 同・カサブランカ
居住地 モナコ公国・モンテカルロ
生年月日 1973年5月24日(41歳)
身長 185cm
体重 85kg
利き手
バックハンド 片手打ち
ツアー経歴
デビュー年 1990年
引退年 2003年
ツアー通算 3勝
シングルス 2勝
ダブルス 1勝
生涯通算成績 205勝240敗
シングルス 156勝186敗
ダブルス 49勝54敗
生涯獲得賞金 $2,087,596
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(1998・00)
全仏 3回戦(2001)
全英 2回戦(1994・99)
全米 2回戦(1994・2000)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(1998)
全米 1回戦(1994)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 25位(2000年2月21日)
ダブルス 130位(1998年8月17日)

カリム・アラミアラビア語: كريم علمي‎, Karim Alami, 1973年5月24日 - )は、モロッコカサブランカ出身の元男子プロテニス選手。同い年のヒシャム・アラジ、2歳年上のユーネス・エルアノーウィと共に90年代から00年代前半にかけてモロッコのテニス界を大きく前進させた人物である。右利き。ATPランキング自己最高位はシングルス25位、ダブルス130位。キャリア通算でシングルス2勝、ダブルス1勝を挙げた。

来歴[編集]

1990年にプロ入り。その後暫くは下部大会での下積みが続くが1994年、地元のハサン2世グランプリでノーシードからの準優勝を果たしたのを契機にツアーレベルへの参戦が増え、翌年末には73位で終える事に成功する。初優勝となったのが1996年米国アトランタ大会。この大会の準決勝で当時世界ランク4位のマイケル・チャンアメリカ)を6-4,6-4のストレートで下すという大番狂わせの末のものだった。更に同年9月に行われたパレルモ大会でも優勝。年間2勝を挙げた。

またオリンピックのモロッコ代表選手としてもバルセロナ五輪に単複両部門で、2000年シドニー五輪ではシングルス部門に出場しており、バルセロナ五輪では1回戦のマルク・ロセフランス)戦で6-2,4-6,2-1とした所で棄権。エルアノーウィと組んだダブルスも1回戦で戦わずして棄権する羽目になるという苦い敗戦を味わったが、2度目の出場となったシドニー五輪では1回戦で第10シードのフランコ・スキラーリアルゼンチン)、2回戦でジャンルカ・ポッツィイタリア)、3回戦でファブリス・サントロフランス)を倒す活躍を見せ、ロジャー・フェデラースイス)との準々決勝まで進出している。

デビスカップにおいてもそれまで地域ゾーンの1チームに過ぎなかったモロッコをアラジ、エルアノーウィと共に盛り立てていき、彼らがキャリアの全盛期を迎えた2000年代前半には最上位カテゴリのワールドグループに通算3度出場する等モロッコテニス界は栄華を極めた。(アラミは現在モロッコ代表の最多勝利・最多出場選手として記録されている)

引退後はカタール・エクソンモービル・オープンのトーナメント・ディレクターに就任し、大会運営の仕事に携わっている[1]

ATPツアー決勝進出結果[編集]

シングルス: 6回 (2勝4敗)[編集]

大会グレード
グランドスラム (0-0)
テニス・マスターズ・カップ (0-0)
ATPマスターズシリーズ (0-0)
ATPインターナショナルシリーズ・ゴールド (0-1)
ATPインターナショナルシリーズ (2–3)
サーフェス別タイトル
ハード (0–0)
クレー (2-4)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1994年3月14日 モロッコの旗 カサブランカ クレー イタリアの旗 レンゾ・フルラン 2–6, 2–6
優勝 1. 1996年4月29日 アメリカ合衆国の旗 アトランタ クレー スウェーデンの旗 ニクラス・クルティ 6–3, 6–4
優勝 2. 1996年9月23日 イタリアの旗 パレルモ クレー ルーマニアの旗 アドリアン・ボイネア 7–5, 2–1, 途中棄権
準優勝 2. 1998年6月8日 イタリアの旗 ボローニャ クレー スペインの旗 フリアン・アロンソ 1–6, 4–6
準優勝 3. 1999年4月12日 スペインの旗 バルセロナ クレー スペインの旗 フェリックス・マンティーリャ 6–7(2), 3–6, 3–6
準優勝 4. 1999年9月27日 ルーマニアの旗 ブカレスト クレー スペインの旗 アルベルト・マルティン 2–6, 3–6

ダブルス: 4回 (1勝3敗)[編集]

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 1996年6月17日 イタリアの旗 ボローニャ クレー ハンガリーの旗 Gábor Köves 南アフリカ共和国の旗 ブレント・ヘイガース
南アフリカ共和国の旗 クリスト・バン・レンスバーグ
1–6, 4–6
準優勝 2. 1997年3月24日 モロッコの旗 カサブランカ クレー モロッコの旗 ヒシャム・アラジ ポルトガルの旗 ジョアン・クーニャ・シルバ
ポルトガルの旗 ヌーノ・マルケス
6–7, 2–6
優勝 1. 1997年9月8日 スペインの旗 マルベーリャ クレー スペインの旗 フリアン・アロンソ スペインの旗 アルベルト・ベラサテギ
スペインの旗 ジョルディ・ブリロ
4–6, 6–3, 6–0
準優勝 3. 1997年10月27日 コロンビアの旗 ボゴタ クレー ベネズエラの旗 モーリス・ルアー アルゼンチンの旗 ルイス・ロボ
ブラジルの旗 フェルナンド・メリジェニ
1–6, 3–6

4大大会シングルス成績[編集]

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 1991 1992 1993 1994 1995 1996 1997 1998 1999 2000 2001 2002 通算成績
全豪オープン A A A A 2R 1R 1R 3R 1R 3R 1R LQ 5–7
全仏オープン A A A LQ A 1R 1R 1R 1R 1R 3R LQ 2–6
ウィンブルドン LQ A LQ 2R A 1R A 1R 2R 1R A A 2–5
全米オープン A A A 2R A 1R 1R A 1R 2R 1R A 2–6

脚注[編集]

  1. ^ カタール・エクソンモービル・オープン公式サイト (2009年1月3日). “The 2009 Qatar ExxonMobil Open is launched:”. 2009年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]