カリバ湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリバ湖
カリバ湖の衛星画像
カリバ湖の衛星画像
所在地 ジンバブエザンビア
面積 5,580 km2
最大水深 78 m
平均水深 31 m
貯水量 160 km3
水面の標高 485 m
成因 人造湖
淡水・汽水 淡水
湖沼型 -
テンプレートを表示

カリバ湖Lake Kariba)は、南部アフリカザンベジ川中流に作られた人造湖で、ザンビアジンバブエの2ヶ国にまたがるである。ザンベジ川のおよそ中間に位置し、インド洋に注ぐ河口から約1,300km上った所にある。カリバ湖は、1958年から1963年にかけて完成した湖の北東端に位置するカリバダムによってせき止められている。カリバ湖ができたことによってカリバ峡谷がせき止められたほか、上流に住んでいた多数のトンガ族が移住を余儀なくされた。

カリバダムの建設労働者によって、ジンバブエの街、カリバが栄えた。同様にジンバブエやザンビアの街でも、湖の完成による水位の上昇によって移住する人たちが増え、同じように成長を遂げている。[要出典]

湖の概要[編集]

カリバ湖は、北東から南西方向に細長く伸びていて、長さ220kmあまり、幅40kmあまりとなっている。湛水面積は5,580平方キロメートル、貯水量は185立方キロメートルと世界でも有数の大きさを誇る人造湖である。湖には、チェテ島やセクラ島などいくつかの島がある。なお、小惑星(1676)のカリバは、カリバ湖にちなんで命名された。

自然環境[編集]

カリバダムが完成しカリバ湖ができる前、もともとあった植物たちは燃やされ、湖底となる土地に厚い肥沃土の層を形成した。この結果、カリバ湖の自然環境は恵まれたものになっている。多くの種類の魚類が湖に放流され、特にタンガニーカ湖からドジョウ科のカペンタが湖に放された。カペンタは、現在好調な漁業を支えている。このほかにも、カリバ湖の住民はナイルワニカバを湖に導入した。現在、湖両岸に位置するザンビアとジンバブエの両国が、この自然を活かした観光産業の発展に取り組んでいる。

保護区域[編集]

カリバ湖のうちジンバブエ領内の一部は、ジンバブエの公園野生生物管理システムの中で、レクリエーション・パークに指定されている。

文化[編集]

カリバ湖とカリバダムは、L・ロン・ハバードSF小説『バトルフィールド・アース』で、およそ300ページにわたって舞台となった。

関連項目[編集]

座標: 南緯17度00分00秒 東経28度00分00秒 / 南緯17.00000度 東経28.00000度 / -17.00000; 28.00000