カフェ・プロコップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Le-Procope.jpg

ル・プロコップ (Le Procope) は、 パリ6区ランシエンヌ・コメディ通り(Rue de l'Ancienne Comédie)にあるパリで最も古いカフェレストランである。1686年シシリー島出身のフランチェスコ・プロコピオが創業した。

概要[編集]

ル・プロコップは、当時リュ・デ・フォッセ=サン=ジェルマン=デ=プレ(Rue des Fossés-Saint-Germain-des-Prés、フォッセ=サン=ジェルマン=デ=プレ通り)として知られていた場所に、流行ファッションの紳士がコーヒーを飲むためのカフェとしてオープンした。当時は居酒屋で振る舞われていたエキゾチックな飲み物であるコーヒーやトルコ風ファッションに身を包んだウェイターによって振る舞われる磁器カップに入れたシャーベットが主なメニューであった[1]。 初期にはエスコート係の女性がいたが、すぐに見られなくなった。1689年には、コメディ・フランセーズ(現在の通りの名はここから来ている)が通りの向かいにオープンし、"劇場"カフェとして知られるようになった。1752年12月18日に、ルソーが、コメディ・フランセーズで上演中の彼の最後の戯曲ナルキッソスの公演が終わる前に店にやってきて、ル・プロコップの客たちに向かって「ステージ上ではとても退屈だった。」と言ったと伝えられている[2]

訪問客を驚かせたのは先例のない習慣をミックスしたスタイルであり、店には女性がいないことについては誰も取り立てなかった。

18世紀を通して、ブラッスリービアガーデン)風のル・プロコップはインテリや権力者、スキャンダル・ゴシップ記者であるヌーベリスト (nouvellistes) の集う場であり、彼らのル・プロコップに関する発言は警官の報告書に繰り返し現れている[3]。全ての百科全書派が、ベンジャミン・フランクリンジョン・ポール・ジョーンズトマス・ジェファーソンがしたようにチョコレートを混ぜて飲んでいたヴォルテールのように、一日40杯のコーヒーを飲んでいたわけではない[4]

革命期には、フリジア帽が自由の象徴となり、ル・プロコップに最初に飾られた。コルドリエ・クラブロベスピエールジョルジュ・ダントンそしてジャン=ポール・マラーはこのカフェを会合の場所として使っていた。復古王政後の有名な客はアレクサンダー・フォン・フンボルトであった。彼は、1820年代に午前11時から正午まで毎日ここで昼食を取った。ル・プロコップは文芸上の名声を保ち続けていた。アルフレッド・ド・ミュッセジョルジュ・サンドギュスターヴ・プランシュGustave Planche)や哲学者ピエール・ルルール・モンド紙の編集者M・コキーユ(M. Coquille)、アナトール・フランスらは皆、常連であった。第二帝政下では日刊紙Le Courrier françaisLa Réformeのオギュスト・ジャン=マリー・ヴェルモレル(August Jean-Marie Vermorel)やレオン・ガンベタ[5]らが社会改革の計画を議論していた。

ル・プロコップは1988年から1989年にかけて18世紀のスタイルに改装された。ポンペイ・レッドの壁にクリスタルシャンデリア、かつてのパトロンであった有名人たちの18世紀風の楕円形肖像 、そしてベルのように鳴るピアノなどが飾られた。ウェイターは革命期風の制服を着ていた。1686年の開業以来、このパリで最も古いカフェは今もランシエンヌ・コメディ通りで営業を続けている[6]

脚注[編集]

  1. ^ Jean Leclant, "Coffee and cafés in Paris, 1644-1693" in Robert Foster and Orest Ranum, eds., Food and Drink in History: Selections from the Annales (Baltimore) 1979.
  2. ^ E. P. Shaw, "The Chevalier de Mouhy's Newsletter of 20 December 1752" Modern Language Notes 70.2 (February 1955, pp. 114–116), p. 116.
  3. ^ Robert Darnton, "An Early Information Society: News and the Media in Eighteenth-Century Paris" The American Historical Review 105.1 (February 2000, pp. 1-35) p. 9 および脚注.
  4. ^ Gilbert Chinard, "The Apotheosis of Benjamin Franklin Paris, 1790-1791" Proceedings of the American Philosophical Society 99.6, (December 1955), p 443.
  5. ^ J. P. T. Bury, Gambetta and the National Defence: A Republican Dictatorship in France (New York) 1936.
  6. ^ The Great Cafes of Paris

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度51分09秒 東経2度20分20秒 / 北緯48.852496度 東経2.3388112度 / 48.852496; 2.3388112