カザン大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カザン大学本館(19世紀建造)

カザン大学Казанский государственный университетKazan State Universityロシアタタールスタン共和国の首都カザンにある大学1804年創設。ロシアの大数学者ニコライ・ロバチェフスキーは、1827年から1846年までカザン帝国大学学長を務めた。現在の学長は、ミャクジュム・サラコフw:Myakzyum Salakhov

カザン大学は、ロシアにおける「有機化学発祥の地」として知られる。アレクサンドル・ブトレーロフAleksandr Butlerovウラジーミル・マルコフニコフVladimir Markovnikovアレクサンドル・アルブーゾフらがカザン大学で教鞭をとっている。また、1875年から1883年に教授を務めたポーランド出身の言語学者ボードゥアン・ド・クルトネは、後のプラハ言語学派に繋がるカザン言語学派を創設することとなる。

カザン大学本館は、1825年に建築家のピャトニーツキーの手によるもので19世紀におけるロシアの地方都市の新古典主義様式の代表的建築として評価されている。

大学付属図書館は、東洋学関係の膨大な文献資料が所蔵されている。

教職員および出身者[編集]

カザン大学物理学部

外部リンク[編集]