オイラダイ・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オイラダイ
モンゴル帝国第25代皇帝(大ハーン
在位 1415年 - 1425年
戴冠 1415年
別号 エセク・ハーン
全名 オイラダイ・ハーン
出生 1387年
死去 1425年
配偶者 サムル公主
王家 ボルジギン氏
父親 オゲチ・ハシハ
テンプレートを表示

オイラダイ・ハーンモンゴル語:Oyiradai qaγan、英語:Oyiradai Khan、1387年 - 1425年)は、モンゴル帝国の第25代(北元としては第11代)皇帝(大ハーン)。『蒙古源流』ではエセク・ハーン(Esekü qaγan)と表記される。

生涯[編集]

1387年四オイラトのケレヌート部[1]のオゲチ・ハシハの子として生まれる。

1415年ダルバク・ハーンが崩御したため、オイラダイが帝位につき、バトラ丞相の未亡人サムル公主を娶ってエセク・ハーンとなった。オイラダイ・ハーンはオルジェイト皇后妃子とアジャイ太子、アスト部のアルクタイ太師の3人を自分の家で召し使っていた。

1425年、オイラダイ・ハーンは39歳で崩御し、オルク・テムル・ハーンの子アダイ・ハーンがモンゴル側で即位した。

[2]

脚注[編集]

  1. ^ もとのケレイト部で後のトルグート部。
  2. ^ 岡田 2004,p187

参考資料[編集]