エンケ・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンケ
モンゴル帝国第19代皇帝(大ハーン
在位 1391年 - 1394年
死去 1394年
王家 ボルジギン氏アリクブケ家
父親 イェスデル
テンプレートを表示

エンケ・ハーンモンゴル語:Энх хаан、? - 1394年)は、モンゴル帝国の第19代(北元としては第5代)皇帝(大ハーン)(在位:1391年 - 1394年)。イェスデルの長男。

生涯[編集]

1391年、父イェスデル(ジョリクト・ハーン)が亡くなり、息子のエンケが後を継ぎ、ハーンとなった。

1394年、エンケ・ハーンが亡くなり、弟のエルベクが後を継ぎハーンとなった。

[1]

『蒙古源流』におけるエンケ・ジョリクト・ハーン[編集]

蒙古源流』には天元帝トクズ・テムル・ウスハル・ハーン戊辰の年(1388年)に亡くなった後、「その息子たち」としてエンケ・ジョリクト・ハーンエルベク・ニグレスクイ・ハーン,ハルグチュク・ドゥーレン・テムル・ホンタイジの名が挙げられ、エンケ・ジョリクト・ハーンは己亥の年(1359年)に生まれ、己巳の年(1389年)に帝位につき、壬申の年(1392年)に亡くなったとし、イェスデルの名が出てこない。一方、『アルタン・トブチ』ではジョリクト・ハーンとエンケ・ハーンの2人が登場し、ウスハル・ハーン(天元帝トグス・テムル)が1388年に亡くなった後、ジョリクト・ハーンが1988年から1391年まで、エンケ・ハーンが1391年から1394年まで帝位にあり、その後エルベク・ハーンが帝位についたとある。一般的にこのジョリクト・ハーンをイェスデルとし、ニザーム・アル・ディーン・シャーミーザファル・ナーマ』で立証されたように、エンケ・ハーンはイェスデルの子とされる。

[2]

脚注[編集]

  1. ^ 岡田 2004,p177
  2. ^ 岡田 2004,p178

参考文献[編集]