トゥメン・ジャサクト・ハーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥメン
モンゴル帝国第38代皇帝(大ハーン
トゥメン・ジャサクト・ハーン.jpg
在位 1558年 - 1592年
別号 ジャサクト・ハーン
全名 トゥメン・ジャサクト・ハーン
出生 1539年
死去 1592年
子女 ブヤン・セチェン・ハーン
王家 ボルジギン氏
父親 ダライスン・ゴデン・ハーン
テンプレートを表示

トゥメン・ジャサクト・ハーンモンゴル語:Түмэн засагт хаан、英語:Tümen Zasagt Khan、1539年 - 1592年)は、モンゴル帝国の皇帝(大ハーン)であり、チャハル・トゥメンの当主である。ダライスン・ゴデン・ハーンの長男。

生涯[編集]

1539年、ダライスン・ゴデン・ハーンの長男として生まれる。

1557年、父のダライスン・ゴデン・ハーンが崩御したため、翌年(1558年)20歳で帝位につく。

1576年、38歳の時、腰刀を結ぶカルマ・ラマ[1]と会って、仏法の門に入って六トゥメンを集め、大政令を伝え示して、左翼のトゥメンからチャハルのナムダイ・ホンタイジ、ハルハのウイジェン・スブハイ、右翼のトゥメンからオルドスフトゥクタイ・セチェン・ホンタイジアストのノム・ダラ・グラチ・ノヤン、トゥメトのチュルケ・ホンタイジらをして政を執らせたので、ジャサクト・ハーンとしてあらゆる方向に有名になって、ジュルチト(女直)、ネリグト(サハルチャ)、ダグール(ダウール)の3つの言語の種族から、貢税を取り、はなはだしい安楽をもって人衆生を満足させた。

1592年、トゥメン・ジャサクト・ハーンは35年間帝位にあって、54歳で崩御した。翌年(1593年)、長男のブヤン太子が帝位についた。

[2]

[編集]

トゥメン・ジャサクト・ハーンには長男ブヤン・セチェン・ハーンを始め、11人の息子がいる。

[3]

脚注[編集]

  1. ^ 腰刀を紐のように結んで見せるカルマ派の妖術使いのラマである。
  2. ^ 岡田 2004,p244-245
  3. ^ 岡田 2004,p245

参考資料[編集]