エンプレス・オブ・カナダ (客船・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
SS EMPRESS OF CANADA 1941.jpg
船歴
船籍 イギリス
所有 カナディアン・パシフィック・ライン(CPL)
母港
発注 1920年
起工
進水 1920年8月17日
命名
就航
処女航海 1922年5月5日
その後 1943年3月13日に戦没
性能諸元
総トン数 21,517 トン
排水量
全長 198.1 m
全幅 23.74 m
全高
吃水 8.76 m
機関 蒸気タービン
出力 23,000馬力
速力 18.0ノット(航海速力)、20.3ノット(最高速力)
船客定員 一等488名、二等106名、三等238名、スティアリッジ(最下級)926名
その他

エンプレス・オブ・カナダ (Empress of Canada) は、カナダ太平洋汽船(カナディアン・パシフィック・ライン(CPL))の客船。

1922年にスコットランドのフェアフィールド社グラスゴー造船所で建造された。21,517トン。1922年5月5日に処女航海に出発。バンクーバーを拠点に、日本、香港、中国への航海をおこなった。

1939年の第二次世界大戦勃発後は兵員輸送船として使用された。1943年3月13日、イタリア人捕虜を乗せて南アフリカダーバンからタコラディへ向かっている途中のエンプレス・オブ・カナダは、パルマス岬の南約640kmの場所でイタリア潜水艦に雷撃され沈没した。乗っていた約1,800人の内、392人が死亡した。


外部リンク[編集]