エンビコウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンビコウ
エンビコウ
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: コウノトリ目 Ciconiiformes
: コウノトリ科 Ciconiidae
: コウノトリ属 Ciconia
: エンビコウ C. maguari
学名
Ciconia maguari
(Gmelin, 1789)
和名
エンビコウ
英名
Maguari Stork

エンビコウ(燕尾鸛、学名:Ciconia maguari)とは、コウノトリ目コウノトリ科に分類される鳥類の一種である。別名シロエンビコウ

分布[編集]

アンデス山脈東側の南アメリカ(コロンビアベネズエラからアルゼンチン中部まで)に分布する。

形態[編集]

体長98-106cm。体は白色で、風切羽、肩羽、尾羽は光沢のある黒色である。。眼の周囲から嘴の基部までは皮膚が裸出しており赤い。嘴は暗い灰色、脚は赤色である。尾が燕尾状になっており(これが和名の由来である)白色の下尾筒が尾端より先に突き出している。

生態[編集]

湿地や沼地などの水辺、草原に生息する。しばしば大群となる。

魚類やカエル、爬虫類、小型の哺乳類などを捕食する。

湿地の藪の中や地上に営巣する。水辺の木の上に造巣することもある。


参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 コウノトリ目+フラミンゴ目』、財団法人東京動物園協会、1985年、51頁
執筆の途中です この項目「エンビコウ」は、鳥類に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますポータル鳥類 - PJ鳥類