エンスレイヴメント・オヴ・ビューティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エンスレイヴメント・オヴ・ビューティー
Enslavement Of Beauty
基本情報
出身地 ノルウェーの旗 ノルウェー オスロ
ジャンル メロディックブラックメタル
シンフォニックブラックメタル
ゴシックメタル
メロディックデスメタル
活動期間 1995年 -
レーベル ヘッド・ノット・ファウンド
I.N.R.I. Unlimited
アヴァロン・レーベル
公式サイト Official MySpace
メンバー
オーレ・アレクサンダー・マイアーホルト (ボーカル)
トニー・ユージーン・タンハイム (ギターベースキーボードプログラミング)
アントニオ・ヴィヴァルディ
J. S. バッハ
W. A. モーツァルト
L. v. ベートーヴェン
ウィリアム・シェイクスピア
エドガー・アラン・ポー
マルキ・ド・サド
クライヴ・バーカー

エンスレイヴメント・オヴ・ビューティー (Enslavement Of Beauty)は、ノルウェーメロディックブラックメタルバンド。場合によっては、シンフォニックブラックメタルゴシックメタルに分類されることもある。アヴァロン・レーベルからリリースされている日本盤ではメロディック・デスという表記がなされている。

略歴[編集]

ノルウェーオスロにおいて、1995年1月に、オーレ・アレクサンダー・マイアーホルト (Vo)とトニー・ユージーン・タンハイム (GProg)の2名で結成。当初は、バンド形態での活動を望んでいたが、結果として2名で活動していくこととなる。2名のためライブ活動などを行うことができず、1998年までの3年間は曲作りに専念することとなる。1998年に1stデモ『Devilry And Temptation』をリリースし、ノルウェーのヘッド・ノット・ファウンドと契約。1999年に1stアルバム『Traces O' Red』をリリースしデビューする。同アルバムは、アヴァロン・レーベルから邦題『悪の聖隷』としてリリースされる。

2000年には2ndアルバム『Megalomania』をリリースする。同アルバムでは、アスガー・ミケルソン (Ds)、ハンス-エイジ・ホルメン (B)、フレッド・エンドレセン (Syn)がサポートメンバーとして参加し、前回まで打ち込みだったベース及びドラムスが、生音源となっている。そのため、トニー・ユージーン・タンハイムはギターとキーボード・アレンジを担当した。

それから長らく音沙汰がなかったが、2007年にI.N.R.I. Unlimitedに移籍し、3rdアルバム『Mere Contemplations』をリリース。同アルバムでは、再び全楽器およびプログラミングをトニー・ユージーン・タンハイムが担当するようになった。2009年には、1stEP『The Perdition』をリリース。

メンバー[編集]

サポートメンバー[編集]

  • アスガー・ミケルソン Asgeir Mickelson - ドラムス
    2ndアルバム『Megalomania』に参加。
  • ハンス-エイジ・ホルメン Hans-Aage Holmen - ベース
    2ndアルバム『Megalomania』に参加。
  • フレッド・エンドレセン Fred Endresen - シンセサイザー
    2ndアルバム『Megalomania』に参加。

ディスコグラフィー[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]