エルヴィス・プレスリー登場!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エルヴィス・プレスリー登場!(英:Elvis Presley)は、エルヴィス・プレスリーのファースト・アルバム。

解説[編集]

デビュー・シングルの「ハートブレイク・ホテル」が3月3日に68位で登場したばかりでまだヒットに至っておらず、アルバムヒットの保証が無かったため、サン・レコードで録音されていた5曲と、 RCAでの第1回目のセッション(1月10日、11日)と、第2回目のセッション(1月30日、31日、2月3日)で録音されたカバー曲が5曲、その場で作られた新曲が2曲が収録された。 1956年3月から1957年2月まで発売から約1年間チャートに滞在し、10週連続1位を獲得し、RCAのポップスアルバムのうちソロアーティストとしては史上初の100万ドル以上の収益を記録し、RCAのポップス部門最大のヒットアルバムとなった。 アルバムの大ヒットを受けて、8月31日には6枚のシングルに分けて発売された。 収録曲の中で、エルヴィスは「ワンサイデッド・ラブ・アフェア」が一番のお気に入りとのこと[1]。 ジャケット写真は、1955年1月31日にフロリダ州タンパで撮影されたもの。エルヴィスの後ろにいるのは、ビル・ブラックである。 1999年に、アップグレイド盤として6曲がボーナストラックとして加えられた。 1999年の再発盤では「ハートブレイク・ホテル」と「ただ一人の男」が最初に収録され、その次にオリジナル収録曲、残りのボーナストラックという曲順だったが、その後の再発盤ではボーナストラックは全てオリジナル収録曲の後に収録されている。

2011年に、「エルヴィス」とのカップリングでボーナス・トラックを加えた、レガシー・エディションが発売された。

「ただひとりの男」は、RCAのプロデューサーのスティーヴ・ショールズがエルヴィスに提供した曲で、エルヴィスのアイディアでシャッフルして盛り上げようとカントリーシャッフルが取り入れられ、途中でテンポが変わる。 発売数ヵ月後のラジオのインタビューで、エルヴィスは「最も好きな曲で録音としても自信作だ」と語った。

アレンジは即興演奏から練り、エルヴィスがイメージと違うと言うとバンドもそれに同感し、一からやり直していた。 収録中にミスをして録り直そうと言うと、エルヴィスは反対し「雰囲気も音もいいからそのままでいい。録り直したら台無しだ」と言った。 エルヴィスは技術的に完璧な演奏よりも感覚的に判断し、求めるフィーリングが出るまで何度も録音を繰り返した。 一方で技術的にかなり高度な要求をすることもあり、誰も弾けないようなリックを思いついては断られていた。[2]また、スタジオで歌う際にも激しく体を動かしており、それを見たチェット・アトキンスは妻に電話すると「こんなものは二度と見られないぞ、って言ったんだ。それだけエキサイティングだった」と語っている。[3]

ザ・クラッシュの「ロンドン・コーリング」のジャケットは、このアルバムのオマージュである。

ローリング・ストーン』誌が選んだ「オールタイム・ベスト・アルバム500」と「オールタイム・ベスト・デビュー・アルバム100」に於いて、それぞれ56位[4]と79位[5]にランクイン。

テレビ出演の反響[編集]

ハートブレイク・ホテル発売直後の1月28日に放送された人気番組「ザ・ドーシー・ショー」で「この若者がテレビの歴史を変えることになるでしょう」と紹介され、その後3月にかけて同番組に6回出演。4月に「ミルトン・バール・ショー」に出演したときの推定視聴者数は、4000万人だったという。さらに7月には、「スティーヴ・アレン・ショー」で脅威の55パーセントを叩き出して見せた。番組には「腰の動きが猥褻だ」「声が淫らだ」「姿が不良っぽい」など抗議の電話や電報、手紙が殺到した。良識ある大人の代表でもあったエド・サリヴァンは「どんなことがあってもエルヴィスだけは自分の番組に出演させない」と宣言していたものの、ライバル番組の「スティーヴ・アレン・ショー」がエルヴィスを起用して自分の番組の4倍の視聴率を上げたことにも刺激され、ついに出演を許可。半年間に3回の出演契約を結んだ。1956年9月にエルヴィスが「エド・サリヴァン・ショー」へ初出演した際には、82.6パーセントという視聴率を記録。快進撃を続けていたエルヴィスだったが、その批判は凄まじく、CJCH局のDJはエルヴィスのレコードを600枚公園で焼き、ナッシュビルではエルヴィスそっくりの人形が絞首刑にされ、ミズーリ州セントルイスではエルヴィス人形が火あぶりにされた。テキサス州知事は、エルヴィスを筆頭とするロックン・ロールアーティストのコンサートを一切中止すると発表し、ミシガン州ではエルヴィスと同じ髪形をした高校生が退学になった。評論家はエルヴィスのことを下品でいやらしい踊りの名人と評し、ニューヨーク・ジャーナルは「まるで原始人のステップを見ているようだ」「白人の子供を黒人にする陰謀の張本人」などとこきおろした[6]

収録曲[編集]

A面[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 56/1/30 ブルー・スエード・シューズ Blue Suede Shoes カール・パーキンス 1:58
2. 56/1/11 当てにしてるぜ I'm Counting on You Don Robertson 2:24
3. 56/1/10 アイ・ガット・ア・ウーマン I Got a Woman レイ・チャールズ and Renald Richard 2:23
4. 56/1/30 ワン・サイデッド・ラヴ・アフェア One-Sided Love Affair Bill Campbell 2:09
5. 54/7/5 アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ I Love You Because Leon Payne 2:42
6. 54/9/10 ジャスト・ビコーズ Just Because Sydney Robin, Bob Shelton]], Joe Shelton 2:32

B面[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 56/1/31 トゥッティ・フルッティ Tutti Frutti Dorothy LaBostrie and リトル・リチャード 1:59
2. 55/7/11 お前が欲しくて Trying to Get to You Rose Marie McCoy and Margie Singleton 2:33
3. 56/1/31 座って泣きたい I'm Gonna Sit Right Down and Cry (Over You) Howard Biggs and Joe Thomas 2:05
4. 54/9/10 あなたを離さない I'll Never Let You Go (Lil' Darlin') Jimmy Wakely 2:25
5. 54/8/19 ブルー・ムーン Blue Moon Richard Rodgers and Lorenz Hart 2:43
6. 56/1/10 マネー・ハニー Money Honey Jesse Stone 2:36

ボーナス・トラック[編集]

Track 録音日 邦題 チャート・ランク 曲名 作曲者 時間
1. 56/1/10 ハートブレイク・ホテル #1 Heartbreak Hotel Mae Axton, Tommy Durden, Elvis Presley 2:08
2. 56/1/11 ただひとりの男 #19 I Was the One Aaron Schroeder, Claude DeMetrius, Hal Blair, Bill Peppers 2:34
3. 56/2/3 シェイク・ラトル・アンド・ロール Shake, Rattle & Roll Jesse Stone (as Charles Calhoun) 2:37
4. 56/1/30 マイ・ベイビー・レフト・ミー #31 My Baby Left Me Arthur Crudup 2:12
5. 56/2/3 ローディ・ミス・クローディ Lawdy Miss Clawdy Lloyd Price 2:08
6. 56/4/14 アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー #1 I Want You, I Need You, I Love You Lou Kosloff and George Mysels 2:40

レガシー・エディション[編集]

ディスク1[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 56/1/30 ブルー・スエード・シューズ Blue Suede Shoes カール・パーキンス 1:58
2. 56/1/11 当てにしてるぜ I'm Counting on You Don Robertson 2:24
3. 56/1/10 アイ・ガット・ア・ウーマン I Got a Woman レイ・チャールズ and Renald Richard 2:23
4. 56/1/30 ワン・サイデッド・ラヴ・アフェア One-Sided Love Affair Bill Campbell 2:09
5. 54/7/5 アイ・ラヴ・ユー・ビコーズ I Love You Because Leon Payne 2:42
6. 54/9/10 ジャスト・ビコーズ Just Because Sydney Robin, Bob Shelton]], Joe Shelton 2:32
7. 56/1/31 トゥッティ・フルッティ Tutti Frutti Dorothy LaBostrie and リトル・リチャード 1:59
8. 55/7/11 お前が欲しくて Trying to Get to You Rose Marie McCoy and Margie Singleton 2:33
9. 56/1/31 座って泣きたい I'm Gonna Sit Right Down and Cry (Over You) Howard Biggs and Joe Thomas 2:05
10. 54/9/10 あなたを離さない I'll Never Let You Go (Lil' Darlin') Jimmy Wakely 2:25
11. 54/8/19 ブルー・ムーン Blue Moon Richard Rodgers and Lorenz Hart 2:43
12. 56/1/10 マネー・ハニー Money Honey Jesse Stone 2:36
13. 56/1/10 ハートブレイク・ホテル Heartbreak Hotel Mae Axton, Tommy Durden, Elvis Presley 2:08
14. 56/1/11 ただひとりの男 I Was the One Aaron Schroeder, Claude DeMetrius, Hal Blair, Bill Peppers 2:34
15. 56/1/30 マイ・ベイビー・レフト・ミー My Baby Left Me Arthur Crudup 2:12
16. 56/2/3 ローディ・ミス・クローディ Lawdy Miss Clawdy Lloyd Price 2:08
17. 56/2/3 シェイク・ラトル・アンド・ロール Shake, Rattle & Roll Jesse Stone (as Charles Calhoun) 2:37

ディスク2[編集]

Track 録音日 邦題 曲名 作曲者 時間
1. 56/9/3 リップ・イット・アップ Rip It Up Robert Blackwell and John Marascalco 1:50
2. 56/9/1 ラヴ・ミー Love Me Jerry Leiber and Mike Stoller 2:41
3. 56/9/2 ブルー・ムーンがまた輝けば When My Blue Moon Turns to Gold Again Gene Sullivan and Wiley Walker 2:18
4. 56/9/2 のっぽのサリー Long Tall Sally Robert Blackwell, Enotris Johnson, リトル・リチャード 1:51
5. 56/9/3 ファースト・イン・ライン First in Line Aaron Schroeder and Ben Weisman 3:21
6. 56/9/2 悩まされて Paralyzed Otis Blackwell and エルヴィス・プレスリー 2:18
7. 56/1/30 恋がかなった So Glad You're Mine Arthur Crudup 2:18
8. 56/9/2 オールド・シェップ Old Shep Red Foley 4:10
9. 56/9/3 レディ・テディ Ready Teddy Robert Blackwell and John Marascalco 1:55
10. 56/9/2 どこでも天国 Anyplace Is Paradise Joe Thomas 2:26
11. 56/9/1 浮世の仕打ち How's the World Treating You? Chet Atkins and Boudleaux Bryant 2:23
12. 56/9/1 こんな気持ちがわかるかい How Do You Think I Feel Webb Pierce and Wiley Walker 2:10
13. 56/4/14 アイ・ウォント・ユー、アイ・ニード・ユー、アイ・ラヴ・ユー I Want You, I Need You, I Love You Lou Kosloff and George Mysels 2:40
14. 56/7/2 ハウンド・ドッグ Hound Dog Jerry Leiber and Mike Stoller 2:16
15. 56/7/2 冷たくしないで Don't Be Cruel Otis Blackwell and エルヴィス・プレスリー 2:02
16. 56/7/2 どっちみち俺のもの Anyway You Want Me (That's How I Will Be) Cliff Owens and Aaron Schroeder 2:13
17. 56/9/2 トゥー・マッチ Too Much Lee Rosenberg and Bernard Weinman 2:31
18. 56/9/1 プレイング・フォー・キープス Playing for Keeps Stan Kesler 2:50
19. 56/8/24 ラヴ・ミー・テンダー Love Me Tender Vera Matson and エルヴィス・プレスリー 2:41

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ワークス・オブ・エルヴィス18P
  2. ^ クラシックアルバムズ:エルヴィス・プレスリー
  3. ^ ザ・キング・オブ・ロックン・ロール コンプリート50’sマスターズ ライナーノーツ 9P
  4. ^ [1]
  5. ^ [2]
  6. ^ 監獄ロック&やさしく愛して(BVCP-7503) ライナーノーツ