エルプラド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルプラド
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛
生誕 1989年
死没 2009年9月21日
Sadler's Wells
Lady Capulet
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Lyonstown Stud
馬主 Robert E.Sangster
調教師 Michael Vincent O'Brien
競走成績
生涯成績 9戦4勝
獲得賞金 141,245ポンド
テンプレートを表示

エルプラド (El Prado) とはアイルランドの元競走馬種牡馬である。1991年アイルランドの最優秀2歳牡馬。現役時代ではおもに名手レスター・ピゴット騎手を務めた。

戦跡[編集]

デビュー戦を2馬身半差で快勝すると、続くレイルウェイステークスで重賞初制覇。次走アングルシーステークスでは後のアイリッシュダービー勝ち馬セントジョヴァイトの2着と初敗戦を喫してしまうが、続くナショナルステークスでは後続に半馬身差をつけG1初勝利をあげた。しかし、続くハイフライヤーステークスで12着と惨敗、巻き返しを図ったべレスフォードステークスは勝利したものの、翌年は3戦して5着、7着、10着と勝つことはおろか、上位に来ることさえ儘ならなかった。結局ジャック・ル・マロワ賞10着を最後に引退、種牡馬入りした。

年度別競走成績[編集]

  • 1991年(6戦4勝) - ナショナルステークス (G1) 、べレスフォードステークス (G2) 、レイルウェイステークス (G3)
  • 1992年(3戦0勝)

種牡馬入り後[編集]

引退後はアメリカ合衆国エアドリースタッドで種牡馬になり、後にアデナスプリングスに移動した。多数の重賞勝ち馬を輩出し、2002年にはアメリカのリーディングサイアーに輝いている。2009年に心臓麻痺で死亡した。

代表産駒[編集]

※アルファベット順、競走名は全てG1

サドラーズウェルズの血[編集]

本馬は父サドラーズウェルズの後継種牡馬として、初めて北米に輸入された。父サドラーズウェルズは欧州の大種牡馬であるが、欧州競馬は競走主体の為、ダート競走主体のアメリカ競馬では、その血は敬遠されがちだった。また、欧州では重圧な芝コースであり、比較的軽い芝コースを用いるアメリカでは適応性に欠けることが予想され、これもまたアメリカでのサドラーズウェルズ敬遠の一因になっていると考えられる。

実際、本馬が死亡した際に、アデナスプリングスのダーモット・カーティーは「エルプラドは単なる芝馬としか見ておらず、サドラーズウェルズの血を欲しがる者はアメリカでは誰もいなかった。サドラーズウェルズ産駒を買うのはギャンブルだった。」と述懐している[1]

しかし、前述の通りアメリカのリーディングサイアーに輝くなど、このような評価を見事に覆し、父サドラーズウェルズの優秀さをアメリカにも認知させた。また、後継種牡馬であるメダグリアドーロなども成功し、その血を広めることにも成功している。

血統表[編集]

エルプラド血統(サドラーズウェルズ系ノーザンダンサー系) / Mahmoud 5×5×4=12.50%、Turn-to 5×4=9.38%、Pharamond 5×5=6.25%)

Sadler's Wells
1981 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Fairy Bridge
1975 鹿毛
Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong

Lady Capulet
1974 芦毛
Sir Ivor
1965 鹿毛
Sir Gaylord Turn-to
Somethingroyal
Attica Mr.Trouble
Athenia
Cap and Bells
1958 芦毛
Tom Fool Menow
Gaga
Ghazni Mahmoud
Sun Miss F-No.1-I

参考[編集]

外部リンク[編集]