ウェルアームド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェルアームド
英字表記 Well Armed
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 2003年4月4日(11歳)
Tiznow
Well Dressed
母の父 Notebook
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ケンタッキー州
生産 WinStar Farm
馬主 WinStar Farm
調教師 Clive Brittainイギリス
Eoin G. Harty(アメリカ)
競走成績
生涯成績 24戦7勝(通算)
8戦1勝(イギリス)
5戦2勝 (UAE)
11戦4勝(アメリカ)
獲得賞金 517万9803ドル
(2009年2月8日現在)
テンプレートを表示

ウェルアームド (Well Armed) とはアメリカ合衆国で生産された元競走馬である。おもな勝ち鞍は、2008年グッドウッドステークス2009年ドバイワールドカップ

経歴[編集]

2005年(2歳)[編集]

イギリスクライヴ・ブリテン厩舎に所属し、競走馬デビュー戦でいきなり重賞競走7月7日に行われたスーパーレイティヴステークス(G3) に出走したが10着だった。その後は一般競走を中心に走り、デビュー5戦目で2着となり、11月のデビュー7戦目を制して初勝利を挙げた。

2006年(3歳)[編集]

この年はドバイに遠征し、遠征初戦の1月19日に行われたシャドウウェルファームトロフィー(一般競走)をライアン・ムーアが騎乗して制し2勝目を挙げた。以降遠征中はムーアが騎乗することになり、続く2月10日UAE2000ギニー(G3)は9着、3月21日UAEダービーディスクリートキャットに敗れて11着という結果に終わり、その後は休養に入ってレースに出走せずに3歳を終えた。

2007年(4歳)[編集]

休養中に去勢手術を受けて騸馬となり、アメリカ合衆国のイーオイン・ハーティー厩舎に転厩した。そして10月4日のアローワンス競走で実戦復帰し、以降主戦騎手となるアーロン・グライダーが騎乗して出走したものの4着だったが、続く11月4日のアローワンス競走を制して転厩後初勝利を挙げた。

2008年(5歳)[編集]

1月12日サンパスカルハンデキャップ(G2)は1番人気で2着だったが、続く2月9日サンアントニオハンデキャップ(G2)を制して重賞競走初勝利を挙げた。その後は2年ぶりにドバイ遠征を行い、G1競走初挑戦となる3月29日ドバイワールドカップに出走し、カーリンに敗れたが2着アジアティックボーイに次ぐ3着となった。レース後は帰国して休養を挟み、実戦復帰戦となった7月19日のサンディエゴハンデキャップ(G2)を制して重賞競走2勝目を挙げた。続く8月24日パシフィッククラシックは、2分1秒18のレコードタイムを記録して勝ったゴービトゥイーンからアタマ差の2着だったが、9月27日グッドウッドステークスでは、ティアゴアルバータスマキシマスといった強豪馬を相手に1番人気でレースを制してG1競走初勝利を挙げた[1]。ちなみにティアゴは2着、アルバータスマキシマスは3着だった。そして迎えた10月25日ブリーダーズカップ・ダートマイル(当時格付けなし)でも1番人気に支持されたが、前走で対戦したアルバータスマキシマスに敗れて9着という結果に終わった。

2009年(6歳)[編集]

この年も前年と同じローテーションを走り、1月10日のサンパスカルハンデキャップ(G2)は1番人気で4着、続く連覇の懸かった2月8日のサンアントニオハンデキャップ(G2)は2番人気で2着だった。 3月28日にドバイワールドカップへ参戦した。レースは日本から来たカジノドライヴや去年のこのレースの2着馬のアジアティックボーイも出走していたが、これらの馬を直線で突き放して14馬身差で圧勝した。これはこのレースにおいて最大着差であり、また騸馬がはじめてこのレースを制した。その後、休養を挟んで8月2日のサンディエゴハンデキャップ(G2)に1番人気で出走したが、8着に敗れた。その後レースに復帰することなく、2011年1月に調教中に故障を発生したことから、翌月に現役を引退した。

血統表[編集]

ウェルアームド血統インテント系/Seattle Slew 4×4=12.50%、Northern Dancer 5×5=6.25%(父内)

Tiznow
1997 鹿毛
Cee's Tizzy
1987 芦毛
Relaunch In Reality
Foggy Note
Tizly Lyphard
Tizna
Cee's Song
1986 黒鹿毛
Seattle Song Seattle Slew
Incantation
Lonely Dancer *ナイスダンサー
Sleep Lonely

Well Dressed
1997 黒鹿毛
Notebook
1985 鹿毛
Well Decorated Raja Baba
Paris Breeze
Mobcap Tom Rolfe
Cap And Bells
Trithenia
1992 鹿毛
Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly F-No.8-h
近親
  • 祖母Tritheniaの全姉にTee Kay(GIII マーサワシントンハンデキャップ)、その産駒にシンボリクリスエス(GI競走4勝、種牡馬)がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 鞍上のアーロン・グライダー、イーオイン・ハーティー厩舎、馬主にとっても同競走初勝利となった。父のティズナウは2000年に同競走の前身グッドウッドブリーダーズカップハンデキャップを制している。

外部リンク[編集]