エドワード・フィリップ・リビングストン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Edward Philip Livingston.jpg

エドワード・フィリップ・リビングストン(Edward Philip Livingston、1779年11月24日 - 1843年11月3日)は、アメリカ合衆国の政治家。

家族[編集]

ジャマイカキングストンでフィリップ・フィリップ・リビングストン(1741年–1787年、フィリップ・リビングストンの息子)とサラ(ジョンソン)リビングストン(ca. 1749-1802)の息子として生まれた。1799年、エリザベス・スティーブン・リビングストン(1780–1829, ロバート・リビングストンの娘)と結婚した。娘のエリザベス・リビングストン(1813–1896)の曾孫がアンナ・ホール・ルーズベルト英語版である。義父の死後、Clermont Manor英語版を受け継ぎ、後に息子クレルモン(1817–1896)に残した。生家リビングストン家は地元の名家で、多数の政治家を輩出し、ブッシュ家ルーズベルト家などとも縁戚である。

経歴[編集]

コロンビア大学コロンビア校英語版を卒業した。

1802年から死ぬまでClermont Manor英語版に居住した。

ダニエル・トンプキンズ知事の補佐官、義父ロバート・リビングストン在フランスアメリカ合衆国大使であった時に私設秘書を務めた。

1808年から1812年にニューヨーク州上院議員を務めた。1820年アメリカ合衆国大統領選挙時のアメリカ選挙人団 で、ジェームズ・モンローダニエル・トンプキンズに投票した。 第46回ニューヨーク州議会第47回ニューヨーク州議会でも上院議員を務めた。

1830年にニューヨーク州知事就任を提案されたが、ジャマイカ島出身であることからその権利は疑問を呈された。結局、知事には就任したものの、そのことで攻撃を受けた。1831年から1832年にかけて副知事、1832年アメリカ合衆国大統領選挙の大統領選挙人を務めた。

第61回ニューヨーク州議会第62回ニューヨーク州議会でも上院議員を務め、1839年10月9日に辞職した。

コロンビア郡Clermont, New York英語版で死去した。

出典[編集]

議会
先代:
新設
ニューヨーク州上院議員
Third District (Class 1)

1823年
次代:
ジェイコブ・ヘイト
先代:
空席
ニューヨーク州上院議員
Third District (Class 2)

1824年
次代:
リチャード・マクマイケル
公職
先代:
ウィリアム・M・オリバー
代理
ニューヨーク州副知事
1831年 - 1832年
次代:
ジョン・トレイシー(政治家) 
議会
先代:
アロンゾ・C・ペイジ
ニューヨーク州上院議員
Third District (Class 3)

1838 – 1839年
次代:
フレンド・ハンフリー