ロバート・ファーディナンド・ワーグナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ワーグナー

ロバート・ファーディナンド・ワーグナー(Robert Ferdinand Wagner, 1877年6月8日 - 1953年5月4日)は、アメリカ合衆国政治家弁護士ニューヨーク選出の民主党連邦上院議員。男性。1935年に成立した全国労働関係法(通称ワグナー法)の起草者。

来歴[編集]

ドイツで生まれ、1885年に両親とともにアメリカへ移住。ニューヨーク市に定住し、1898年ニューヨーク市立大学シティカレッジを卒業後、1900年ニューヨーク法学校を卒業して弁護士資格を取得した。ニューヨーク州議会の議員、及び州最高裁判所の判事を務めたあと、1926年より連邦議会上院議員。1944年まで4期連続で当選し、1949年に病気を理由に引退した。

死後、ニューヨーク市クイーンズの墓地に埋葬された。息子はニューヨークの元市長。

外部リンク[編集]

公職
先代:
マーティン・H・グリン
ニューヨーク州副知事
代理
1913年10月17日 - 1914年12月31日
次代:
エドワード・ショーネック
議会
先代:
ジェームズ・W・ワズワース
ニューヨーク州選出上院議員(第3部)
1927年3月4日 - 1949年6月28日
次代:
ジョン・F・ダレス