エドアブラザメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エドアブラザメ
Sharpnose sevengill shark ( Heptranchias perlo ).jpg
エドアブラザメ
Heptranchias perlo
保全状況評価
NEAR THREATENED (IUCN Red List Ver.3.1(2001))
Status iucn3.1 NT.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 軟骨魚綱 Chondrichthyes
亜綱 : 板鰓亜綱 Elasmobranchii
: カグラザメ目 Hexanchiformes
: カグラザメ科 Hexanchidae
: エドアブラザメ属 Heptranchias
: エドアブラザメ H. perlo
学名
Heptranchias perlo
(Bonnaterre, 1788)
英名
Sharpnose sevengill shark

エドアブラザメ Heptranchias perlo (江戸油鮫、英: Sharpnose sevengill shark)は、カグラザメ目カグラザメ科に属するサメ。本種のみでエドアブラザメ属 Heptranchias を形成する。

分布・生息域[編集]

エドアブラザメの分布域

太平洋北東部を除く、ほぼ全世界の暖海域に分布する。比較的珍しい種で、水深1,000mまでの深海に生息する。普段は海底付近で生活するが、稀に表層に出現することもある[1][2]

形態[編集]

エドアブラザメの歯

全長140cm。平均的には1m前後である。体型は細身の紡錘型。背側の体色は濃灰色か灰褐色、腹側は白色。鰓裂は7対あり、現生のサメの中では最も多い。第一鰓裂が最も大きく、後方になるにつれて小さくなる。背鰭は1基で、体後方に位置する。尾鰭は上葉が長く、欠刻がある。幼魚では背鰭と尾鰭の先端に黒色斑がある。眼は大きく、緑色で光をよく反射する。上顎歯の前歯は細長い状で、内側に向く。下顎歯は状の特徴的な形状で、6咬頭を備える[1][2][3]

生態[編集]

頭足類甲殻類硬骨魚類サメエイなど幅広く貪食する。

胎生。ただし胎盤は形成せず、子宮内で卵を孵化させる。一度に25cm程度の幼魚を9-20尾を産む。成熟サイズは、雄が全長75-85cm、雌が全長90-100cmである[2]

人との関わり[編集]

底曵き網や底延縄などで混獲されるが、漁業の対象にはならない。人には無害だが、網にかかったものを引き揚げる際に咬まれることもある。肉には弱い毒性がある[3]

参考文献[編集]

  1. ^ a b Paul, L. & Fowler, S. 2003. Heptranchias perlo. In: IUCN 2010. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2010.3. <www.iucnredlist.org>. Downloaded on 07 September 2010.
  2. ^ a b c Biological Profiles: Sharpnose sevengill shark Florida Museum of Natural History Ichthyology Department. 2010年9月7日。
  3. ^ a b Heptranchias perlo FishBase. 2010年9月7日。