ウラジーミル・ポターニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジーミル・ポターニン

ウラジーミル・オレゴヴィッチ・ポターニンВладимир ПотанинVladimir Olegovich Potanin 1961年1月3日 - )は、ロシア企業家インターロス・グループ総帥。新興財閥に属する寡頭資本家(オリガルヒ)のひとり。ノリリスク・ニッケル社社長のミハイル・プロホロフとはビジネスパートナーの関係にあった。

経歴[編集]

1961年モスクワに生まれる。

1983年モスクワ国際関係大学を卒業し、ソ連外国貿易省に入省する。

1991年外国貿易会社インターロスを設立。翌年、その子会社MFKを設立して私物化した[1]1992年から1993年に国際金融会社銀行副頭取、同頭取を経て、1993年オネクシム銀行(Объединенный экспортно-импортный банк、ОНЭКСИМ банк、統合輸出入銀行)を創立し、頭取に就任する。1995年にはノリリスク・ニッケルを買収した。

1996年ロシア大統領選挙では、ボリス・エリツィン大統領の再選に新興財閥として協力し、選挙後の論功行賞によって同年8月14日第一副首相に就任する。第一副首相職は翌1997年3月に辞したが、1998年8月までインターロス社社長の地位を保った。

2001年ソロモン・R・グッゲンハイム財団の運営委員となる。2003年国家遺産トラスト委員会議長に選出された。2005年ロシア公共会議所会員。

2003年3月から企業統治に関する国家評議会で投資に関する倫理基準制定を担当した。2007年1月フランス政府、フランス文化省によって美術・文芸勲章を受章。

脚注[編集]

  1. ^ 広瀬隆 『一本の鎖』 ダイヤモンド社 2004年 P158