ミハイル・プロホロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミハイル・プロホロフ
生誕 1965年5月3日(48歳)
ロシアの旗 ロシアソビエト連邦
出身校 モスクワ金融大学
職業 実業家、政治家
純資産 134億ドル (2010)
身長 2.03メートル
テンプレートを表示

ミハイル・ドミートリエヴィチ・プロホロフロシア語: Михаил Дмитриевич Прохоров、ラテン文字表記の例:Mikhail Dmitrievitch Prokhorov1965年5月3日 - )とは、ロシア人の実業家政治家NBAのプロ・パスケットボールチーム「ブルックリン・ネッツ」のオーナーであり、過去にはロシアの新自由主義政党「正義の事業」の党首も務めていた。現在は自身の新党「市民プラットフォーム」の党首を務める。

2010年のフォーブス誌の推計によれば総資産は134億ドルでロシア第2位。世界では39番目にリッチな人間である[1]

人物[編集]

モスクワ金融大学の国際経済関係学部を卒業後、国際経済協力銀行に入行。ソ連共産党員でもあった[2]。その後レアメタル分野でロシアでも有数の資本家になった。彼が経営していた当時の「ノリリスク・ニッケル」社はニッケルパラジウムの生産量で世界最大だった。現在の彼はロシア最大の金の生産量を誇る「ポリュス・ゴールド」社の会長であり、投資ファンド「オネクシム」グループの総帥でもある。身長2メートルを越える長身[3]

2011年6月、正義の事業の党首に就任したが、9月15日に解任された。12月12日に2012年ロシア大統領選挙に立候補する事を表明し、大統領選後の新党結成も視野に入れていることを明らかにした。選挙での得票率は7.98%と、5人中3位だった。

2012年6月、政党「国民プラットフォーム」の設立を発表し、「大都市の住民に期待し、ロシアの発展に向けた革命路線を擁護する」と述べた。

スキャンダル[編集]

2007年、フランスのリゾート地クールシュヴェルで現地警察に拘束された。容疑は彼や彼の友人が同行してきた「16人の女性」の売春斡旋。4日後に誤解が解け釈放された。また女性たちはコールガールではなかったという[4]

脚注[編集]

  1. ^ Forbes Billionaire List Forbes.com.
  2. ^ Chip Brown. The N.B.A.’s Oligarch and His Power Games(англ.). ru:Нью-Йорк Таймс. New York Times Company (28 октября 2010). — Перевод статьи на русский. Архивировано из первоисточника 27 февраля 2012. Проверено 26 июня 2011.
  3. ^ Mikhail Prokhorov's Childhood Nickname Was Giraffe!
  4. ^ Russian billionaire held over 'prostitutes' at ski resort

関連項目[編集]