ウズベキスタン国家保安庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウズベキスタン国家保安庁 (ウズベキスタンこっかほあんちょう、英語: National Security Serviceウズベク語: Milliy Havfsizlik Hizmati、略称:MHH、ロシア語: Служба национальной безопасности、略称:СНБもしくはSNB) はウズベキスタン政府の国家情報機関である。国家保安庁はソビエト連邦崩壊後、国内のKGBを引き継ぐ形で創設され、準軍事警察特殊部隊を含むKGBと似た機能を持つ組織を維持している。SNBと国家警察が内務省の情報機関として活動している。

複数のアナリストが、SNBは依然ウズベキスタンのエリート内の一大派閥であるタシュケント閥英語版の制御下にあると指摘している[1][2]。SNBは大統領イスラム・カリモフの独裁政権と密接な関わりがあり、人権侵害や警察を抑圧するための口実を与えるテロ組織への支援活動への関与を非難されている。ラジオ・フリー・ヨーロッパは、1999年に起きたタシュケント爆弾テロ事件英語版はタシュケント閥のルスタム・イノヤトフが主導しSNBにより実行されたものであるとし、SNBは2004年にタシュケントとブハラで起きた爆弾テロ事件英語版も主導して行ったと報告、非難している[3]

アメリカ合衆国国務省による2004年のウズベキスタンの人権に関する報告書では、SNBの職員は市民に「拷問、殴打、嫌がらせ」を行なっているとされている[4]

2005年5月13日、SNB部隊はウズベキスタン軍や国務省の部隊とともに、アンディジャン事件として知られる事件において、抗議を行った者を多数殺害した[5][6]。殺害された人の数は政府公式の数字では169人だが[7]、実際には何千人もの数に上ると見積もられている[5][8][9][10]。抗議を行った者は地方のビジネスマングループが逮捕された事件と関わりがあり、プラウダによると、アンディジャン事件はSNBの地方支部局を差し押さえようとした行動を含む乱暴狼藉に対し行われたものであるとされている[11]

SNBの次官は2005年に内務省により任命された[1]。アンディジャン事件を受けて保安庁と反テロ部局の再編が行われ、SNBの権力と予算は大幅に増加した[1][2]

SNBはインターネットのトラフィックを監視しており、検閲を行うための主要規制機関として機能している。SNBの職員は市民が従順な態度をとっているか監視するためしばしばISPインターネットカフェを視察する[12]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Uzbekistan: Karimov Appears To Have Political Clans Firmly In Hand”. Radio Free Europe/Radio Liberty (2006年8月31日). 2013年3月25日閲覧。
  2. ^ a b Rustam Burnashev and Irina Chernykh. “Changes in Uzbekistan’s Military Policy after the Andijan Events”. Central Asia-Institute Silk Road Studies Program. 2013年3月25日閲覧。
  3. ^ Uzbekistan: Islam Karimov Vs. The Clans”. Radio Free Europe/Radio Liberty (2005年4月22日). 2013年3月25日閲覧。
  4. ^ Country Reports on Human Rights Practices - 2004”. United States Department of State. 2013年3月25日閲覧。
  5. ^ a b Preliminary findings on the events in Andijan”. Organisation for Security and Co-operation in Europe (2005年6月20日). 2013年3月25日閲覧。
  6. ^ Documenting Andijan”. Council for Foreign Relations (2006年6月26日). 2013年3月25日閲覧。
  7. ^ Uzbekistan: Andijan Under Occupation”. The Turkish Weekly (2005年6月10日). 2013年3月25日閲覧。
  8. ^ Uzbekistan: Andijan Policeman’s Account”. The Turkish Weekly (2005年7月4日). 2013年3月25日閲覧。
  9. ^ Andijan: A Policeman's Account”. Institute for War and Peace Reporting (2005年11月20日). 2013年3月25日閲覧。
  10. ^ Former Uzbek Spy Accuses Government Of Massacres, Seeks Asylum”. Radio Free Europe/Radio Liberty (2008年9月1日). 2013年3月25日閲覧。
  11. ^ The revolution in Uzbekistan's Andijan turns out to be narcotic”. Pravda. 2013年3月25日閲覧。
  12. ^ ONI Regional Overview: Commonwealth of Independent States”. OpenNet Initiative (2010年3月). 2013年3月25日閲覧。